和牛、和牛料理専門店のオーナー&店員役でドラマ初出演

和牛、和牛料理専門店のオーナー&店員役でドラマ初出演

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビの和牛が、ABCテレビの単発ドラマ『恋する肉食べ女子』(22・29日深夜放送 ※関西ローカル)で、ドラマ初出演を果たすことが決まった。

このドラマは、いまどきの肉大好き女子・小松頼子(逢沢りな)が、肉の専門店「肉神」の店主・肉神サマが教える肉の奥義"肉食べ四十八手"に触れることで、おいしい肉の食べ方や、花言葉ならぬ"肉言葉"を学びながら、人間として成長を遂げるラブストーリー。

元料理人である水田信二は、和牛料理専門店のオーナーで謎の奥義を極める"肉神サマ"役。相方の川西賢志郎は"肉神サマ"の素顔を知る同店の店員役を演じる。

川西は「今年の初めに占いで『役者の仕事が入ってきますよ』って言われて。その矢先すぐこのお話がきたので、こんなめぐり合わせあるんだなと思いました」と感激。

水田は、以前から「無口やけど鍵を握る、物語を動かすような人物をやりたい」と言っていたそうだが、「今回の役柄はだいぶ理想に近いと思います。でももっとセリフは少なくていいです」と希望を述べている。

関連記事(外部サイト)