中居、カー娘の標準語"そうですねー"にツッコミ「テレビっぽくしてる」

中居、カー娘の標準語"そうですねー"にツッコミ「テレビっぽくしてる」

画像提供:マイナビニュース

平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング日本女子代表「ロコ・ソラーレ(LS北見)」の藤澤五月、吉田知那美、吉田夕梨花、鈴木夕湖、本橋麻里が、5日(19:00〜21:48)に放送されたテレビ朝日系スポーツバラエティ特番『中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!』(19:00〜21:48)に出演した。

番組では、試合中にピンマイクをつけていることについて、劇団ひとりから「会話は聞かれちゃっても大丈夫なんですか?」と聞かれると、5人はうなずいて問題ないと返答。本橋は「選手には聞こえない。テレビに見ている方に」とテレビの視聴者のためのものだと説明した。

ひとりはまた、「後半のほうは『そだねー』が増えてきた感じがした。ちょっとわれわれを意識していた?」と、話題になった「そだねー」について質問。中居正広も「なまりですか?」と尋ねると、「なまってる?」「全員道民なので」となまっているという意識はないと話した。

そして、中居が「『そうだよねー』の"よ"が入ってくれると全国的な感じがする。"う"か。"う"がない」と指摘し、「みなさん"う"はない?」と確認すると、5人は「そだねー」とリアルな「そだねー」を披露。中居は爆笑し、ほかの出演者からも「いいなー」「流行語大賞いけますよ」という声が上がり盛り上がった。

また、中居の「会話の中でも『そだねー』なんだ?」という質問に、鈴木の口から「そうですねー」と標準語が飛び出すと、再びスタジオは爆笑。敬語だと「そだねー」は出ないようで、中居は「なんだよ! ちょっとテレビっぽくしてるんですけど」とツッコんだ。また、中居が「肯定が多い。『そじゃねー』はない」と指摘すると、本橋は「試合中はネガティブなワードは出さないようにと言われているのでポジティブに」と明かした。

関連記事(外部サイト)