笑福亭鶴瓶、斉藤和義の音楽には「狂気がある」-『SONGS』

笑福亭鶴瓶、斉藤和義の音楽には「狂気がある」-『SONGS』

画像提供:マイナビニュース

歌手の斉藤和義が、きょう8日に放送される音楽番組『SONGS』(NHK総合/毎週木曜22:50〜23:15)に出演し、初期の名曲で子供番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)のOP曲「歩いて帰ろう」、日本テレビ系ドラマ『家政婦のミタ』の主題歌「やさしくなりたい」、14日発売のアルバム『Toys Blood Music』のリード曲「青空ばかり」を披露する。

今年デビュー25周年を迎える斉藤へ、親交の厚い笑福亭鶴瓶とリリー・フランキーの2人からお祝いメッセージも。鶴瓶は斉藤の"裏エピソード"を披露するとともに、彼の音楽を「狂気がある」と評価する。

そしてリリーは、下ネタ好きの斉藤に対して、「デリカシーのない発言はしないように」と念押し。また斉藤と訪れた“裸に近いお姉さんがポールで踊る店”で「歩いて帰ろう」が流れたエピソードも語られる。

また番組では一問一答のインタビューを実施し、斉藤の知られざる素顔に迫る。

関連記事(外部サイト)