稲垣・草なぎ・香取『クソ野郎―』ショップ開店へ 衣装展示や映像放映も

稲垣・草なぎ・香取『クソ野郎―』ショップ開店へ 衣装展示や映像放映も

画像提供:マイナビニュース

元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演する映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)の公開を記念し、映画の世界観を楽しめるショップ「POP UP SHOP」が3月20日〜4月20日の期間限定で東京・日比谷の「帝国ホテルプラザ」1階にオープンすることが7日、明らかになった。

新しい歩みを始めた3人にとって、120年以上の歴史があり、世界各国の人々が集まる文化の中心である帝国ホテルは憧れであり、ここにショップができることで自分たち自身の活動も長く続けられたらという思いから実現したという。稲垣は「憧れの街、日比谷にPOP UP SHOPを開くことができて少し大人になった気分です。ぜひ映画も観ていただけたらと思います」とコメントしている。

アクション&ファンタジー&ラブ&ミュージカルの世界観を具現化したショップ内には、実際に映画で使用されたピアノ、キャストが実際に身に付けた衣装、装飾品の数々など、映画のストーリーを象徴する展示物が数多く並び、オリジナルグッズも多数販売。映画にちなんだBIGオブジェも店内に登場し、インスタグラムなどSNSで投稿したくなる仕組みがあふれる。

オリジナルグッズは、「クソ野郎と美しき世界」オリジナルデザインのマグカップ、ハンカチ、A5リングノート、Tシャツ、ポストカード、ポーチ、トートバッグ、ペーパーカップセットなど、ここでしか手に入らないグッズが多数。ポストカードは、映画のエピソード1〜4までのシーンからセレクトされた写真が使用されている。

また、ショップ内モニターにてショップ限定の映像を放映。稲垣・草なぎ・香取のコメントや撮影現場の裏側を収録した貴重な撮影現場メイキング映像、そして、長尺ダイジェスト映像を放映。公開前に作品を垣間見ることができるのはショップのみとなる。

さらに、店内にカフェを併設。ミャンマー産 SL34とジャコウネコのフンから採れる希少価値が最も高いインドネシア産コピ・ルアックのコラボによる"世界一高貴で最高級のコーヒー"を味わいながら、映像を楽しむことができる。

関連記事(外部サイト)