草なぎ剛×ユースケ『「ぷっ」すま』終了発表 - 19年半の歴史に幕

草なぎ剛×ユースケ『「ぷっ」すま』終了発表 - 19年半の歴史に幕

画像提供:マイナビニュース

テレビ朝日は8日、4月改編の説明会を行い、元SMAPの草なぎ剛とタレントのユースケ・サンタマリアのバラエティ番組『「ぷっ」すま』(毎週金曜24:50〜25:20 ※一部地域除く)が3月で終了することを正式発表した。

同番組は、"なぎスケ"のコンビがさまざまな緩い企画を繰り広げるバラエティ。98年10月にスタートしたが、19年半という長い歴史に幕を下ろすことになる。

テレビ朝日の赤津一彦編成部長は「テレビ朝日の深夜を間違いなく支えていただいた番組。深夜帯の改革を進めており、その一環として『「ぷっ」すま』も20年目を1つの区切りとして、その役割を十分に果たしていただいたと思っています。20年にわたって支えていただいた草なぎさんとユースケさんには、大変感謝しております」とコメントした。

後番組は4月から、フットボールアワー、山崎弘也、新井恵理那がMCを務め、さまざまな業界で起こったドラマみたいな面白い話をコントで再現する『東京らふストーリー』が放送される。

元SMAPでジャニーズ事務所から独立したメンバーがレギュラー出演する地上波テレビのバラエティ番組は、香取慎吾の『おじゃMAP!!』(フジ)も終了。稲垣吾郎の『ゴロウ・デラックス』(TBS)は、4月以降も継続する。

関連記事(外部サイト)