『MUSIC FAIR』2700回記念コンサート・インタビュー 第1回 miwa、徳永英明との「壊れかけのRadio」コラボで"フェイク"

『MUSIC FAIR』2700回記念コンサート・インタビュー 第1回 miwa、徳永英明との「壊れかけのRadio」コラボで"フェイク"

画像提供:マイナビニュース

フジテレビ系長寿音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜18:00〜)の放送2700回記念コンサートが2月9日、大阪・フェスティバルホールで行われた。この模様が、3月10日から31日まで4週連続で放送されるのに合わせ、出演アーティスト、MC、スタッフへのインタビューを掲載していく。

第1回は、シンガーソングライターのmiwa。思い出に残る徳永英明との「壊れかけのRadio」コラボレーションで、再び"フェイク"を繰り出すという。

○徳永英明が「やったなぁ!」

――今回のコンサートでは、どんな楽曲を披露するんですか?

今回は、私の「ヒカリへ」という曲を、E-girlsの鷲尾伶菜さん、藤井夏恋さん、武部柚那さんと、CHEMISTRYさんの「You Go Your Way」を森山直太朗さんとE-girlsの鷲尾伶菜さんと、「壊れかけのRadio」を徳永英明さんとコラボさせていただきます。リハーサルでは、「You Go Your Way」のコーラスラインがすごく難しくて…。コラボの時は、もともとコーラスがない部分にもコーラスを作ったりするんですよ。それが原曲と違うコラボならではの醍醐味でもあると思うので、見どころの1つになると思います。

――本番では結構アドリブもあるのでしょうか?

「壊れかけのRadio」は、3年前の『FNSうたの夏まつり』でも徳永さんとコラボさせていただき、私が当日の本番にフェイクをアドリブで入れました。それに徳永さんがすごく驚かれて、歌い終わったら「やったなぁ!」って喜んでくれたんです(笑)。それで、今回のリハーサルの譜面見たら、「miwa、フェイク」って書いてあって、もうやる前提になってました(笑)

――コンサートの会場は大阪ですが、何かご縁はあったりしますか?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)がすごい好きで、中でもミニオンが大好きなんです。だから、大阪でライブやフェスがあると、USJにも行って遊んでから帰ることがあります。でも、今回は行けませんでした…。

○人生初のテレビ出演が『MUSIC FAIR』

――『MUSIC FAIR』という番組には、どんな印象を持っていますか?

私が初めて出た音楽番組なので、すごく思い入れがあります。デビュー曲の「don't cry anymore」を歌わせていただいて、その時に憧れていたレオナ・ルイスさんも出演されたんです。「True Colors」を出演者のみなさんでコラボする時に、私がイントロのギターを弾かせていただいて、レオナ・ルイスさんが歌い始めるというスペシャルなことを人生初のテレビ出演でさせてもらったので、すごく思い出に残っています。その後も、槇原敬之さんや矢野顕子さん、森山良子さんなど、本当にたくさんの素晴らしいアーティストの方とコラボの回を作ってもらって、加山雄三さんやさだまさしさんとも一緒に仕事をさせていただいて、今でもつながるご縁を『MUSIC FAIR』にいただいたという感じです。

――やはり、最初の出演のときは緊張しましたか?

そうですね、震えました!

――そこから回を重ねて、今はコラボを楽しみできる心境になってきたんですか?

コラボもすごい楽しみですし、生演奏で歌えるというのも、この番組の楽しみの1つですね。

――MCの仲間由紀恵さん軽部真一アナの印象はいかがですか?

なんかほっこりするというか、本当にみんなで団らんできるという雰囲気があります。X JAPANのToshlさんと出させていただいたとき、ポルノグラフィティさんがX JAPANさんのファンだったので、軽部さんが「せっかくの機会ですから質問ありますか?」って振って、ポルノグラフィティさんが「ToshlさんはX JAPANでどういう役回りなんですか?」と聞いたら、「会計です」っておっしゃって(笑)。みんなびっくりしたんですけど、そういう話が思わずポロッと出てしまうくらい心が許せる、温かい番組にしてくださってると思います。仲間さんはすごく優しい雰囲気で、いろんなアーティストの話を包み込むように聞いてくれるので、音楽や曲の話をするだけじゃなくて、時間を気にせずいろんな話ができますね。

――昨年は『君と100回目の恋』で坂口健太郎と映画初主演されるなど、女優としても活躍されましたが、振り返ってみていかがですか?

映画で初の主演をさせていただき、たくさんの経験をさせていただきました。『SPLASH☆WORLD』という新しいアルバムもリリースすることができて、アリーナツアーを回らせてもらえて、すごく濃い1年でしたね。

――今年の展望はいかがですか? 1月からラジオ『オールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)も始まりましたよね。

夜ご飯を食べながら聴いてくれているっていうリスナーの方も多いみたいです。久しぶりに復活したんですけど、「ビタースウィート・サンバ」(『オールナイトニッポン』のテーマ曲)を聴いたら、テンションが戻ってくる感じで楽しいです。

――『MUSIC FAIR』みたいな歌番組でMCとトークするのと、ラジオで1人でしゃべるのでは、感覚が違いますよね。

そうですね。リスナーの方からは私、かなりイジられているので、そういったやり取りも楽しいですね。テレビの音楽番組に出ている時の姿とラジオは、もう全然違うと思います(笑)

○アコギ1本ツアー、いよいよ47都道府県制覇へ

――今年の抱負を教えてください。

3月8日、9日に武道館2DAYSを終えたばかりなんですが、3月24日からは2011年に始めたアコースティックギター1本の弾き語りで全国を回る『acoguissimo』が始まります。足かけ8年、6月10日の横浜アリーナで47都道府県制覇になるので、メモリアルな年になると思います。全国制覇を目標に、青森とか日本海側、九州や四国など、普段はライブであまり行けないような県から回って、気づいたらようやく47都道府県というのがうれしいなって思いますし、最後が出身地の神奈川県なのでホームに帰ってきたという感じもあります。横浜アリーナで弾き語りをするというのは、自分でも見たことないし、どういう景色なのかは立ってみないと分からないですけど、お客さん1人1人がバンドメンバーみたいな気持ちで一緒に歌ったり手拍子をとってくれたり参加して、一緒にライブを作ってくれると思うので、楽しみです。

――今年は音楽活動が中心になるんですね。最後に、あらためて『MUSIC FAIR』2700回記念コンサートの見どころをお願いします。

新しいコラボや、思い出に残るコラボをもう一度再現できるという楽しみもあるので、1曲1曲それぞれの曲の良さやコラボならではの良さを感じてもらえるように、私も楽しんで歌わせていただくので、ぜひお楽しみください!

○10日放送の『MUSIC FAIR』2700回記念コンサート・第一夜 楽曲リスト

・「MUSIC FAIRのテーマ」全員
・「ヒカリへ」miwa×鷲尾伶菜・藤井夏恋・武部柚那(E-girls)
・「シルエットロマンス」徳永英明×JUJU
・「道化師のソネット」さだまさし×ゆず
・「糧」森山直太朗
・「サライ」谷村新司×石丸幹二
(中島優)

関連記事(外部サイト)