沢村一樹、トイレ行列で2丁目軍団に挟まれる「結構スリリング」

沢村一樹、トイレ行列で2丁目軍団に挟まれる「結構スリリング」

画像提供:マイナビニュース

女優の天海祐希と俳優の沢村一樹がそれぞれ主演する、テレビ朝日系の2夜連続アガサ・クリスティ原作ドラマスペシャル『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』(3月24日21:00〜23:10)、『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』(25日21:00〜23:10)の制作発表会見が9日、都内で行われ、天海と沢村が出席した。

天海主演の『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』は、並走する列車の車窓から殺人現場を目撃するというドラマチックな幕開けが印象的なクリスティの傑作ミステリー。天海演じる元敏腕刑事にして危機管理のプロ・天乃瞳子が、消えた死体の謎を追う。

一方、沢村主演『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』の幕開けは、映画界の大物女優が開いた豪華絢爛なパーティーで起きた1つの殺人事件。沢村演じる警視庁捜査一課の警部・相国寺が事件の謎を鮮やかに解き明かしていく。

会見で春にまつわる思い出を問われた沢村は、「新宿御苑でお花見していて、お手洗いに行ったら、2丁目のお姉さまたちが何十人とお手洗いに並んでるんですよ。前も後ろも2丁目の人で、結構スリリングな…」とエピソードを披露する。

「これ、大丈夫なお話ですか」という天海の心配をよそに、「でもあの方々は、マナーを心得ていて素晴らしいです。お手洗いの時に声をかけず、出たところで声をかけるんです。いろいろ見られたんだろうなと思って(笑)」とトークを続けた沢村。「また見出しがこれになっちゃうじゃない、この話で(記事を)割かないでくださいね」と記者にお願いする天海であった。

そして沢村主演の『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』では、カクテルが重要なアイテムとなることもあり、沢村がカクテルをつくる一幕も。過去に新宿・歌舞伎町でバイトをしていたという沢村は、「ちょっと"もこみち"で」と、速水もこみちのオリーブオイルばりに高い位置からシェーカーに入れるも、結局こぼしてしまい、天海からは「もこみちでこぼれました」とツッコミ。その後完成したカクテルを沢村は、「パディントン・ブルー」「鏡は横にひび割れてロッソ」とそれぞれ名付けた。

また沢村は、今回演じる相国寺について、「藤井六段の将棋しか考えないという意識にちょっと近い、事件のことしか考えられる特殊能力を持っている刑事」と表現し、「この作品ならではの脚色、演出、豪華なキャストでお送りするので、2時間たっぷりとその世界に浸っていただければと思います」とPRしていた。

関連記事(外部サイト)