フジモン、連ドラ初レギュラー「ドッキリだと思った」

フジモン、連ドラ初レギュラー「ドッキリだと思った」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が、女優の中谷美紀が主演を務める4月13日スタートのTBS系金曜ドラマ『あなたには帰る家がある』(毎週金曜22:00〜)に出演することがこのほど、明らかになった。初の連続ドラマレギュラー出演となる。

藤本敏史

このドラマは、直木賞作家・山本文緒が1994年に発表した同名の長編小説を原作に、"落ちてはいけない禁断の恋"によって2組の夫婦が翻弄されていく姿を描く。中谷が演じる主人公は、結婚13年目の主婦・佐藤真弓。その夫・佐藤秀明を玉木宏が演じる。もう1組の夫婦役にはユースケ・サンタマリアと木村多江。木村演じる茄子田綾子は、秀明と出会い強く惹かれていく。

秀明の上司だが空気が読めないクセモノ・竹田邦彦を演じる藤本は、「僕にこんな連続ドラマのオファーが来るわけないと思って、正直ドッキリだと思いました! なぜ僕にオファーをしようと思ったのか、逆に知りたいです。現場の空気を明るくするのは得意なので、そこを買われたのかな?(笑)」とオファーを受けたときの心境を告白。

そして、「意気込みはすごくありますが、先日、顔合わせに生まれてはじめて参加したときは、すごく緊張しました。ある意味カルチャーショックで・・・!! 玉木宏さんが素敵で、こんな顔に生まれてたら人生違ったのにな、と。そのとき着ていた洋服が同じような色だったんですが、違いが明白で・・・全部負けてました(笑)」と顔合わせ時に感じた衝撃を明かした。

また、「役柄はイヤミな感じの上司ですが、本来の僕はすっごく優しい気のいい芸人です!」と自身の性格をアピールし、「明るく楽しい僕ですが、俳優として、違う人間になれるというところはとても楽しみにしています。連続ドラマにレギュラー出演するのは初めてなので、プレミアものですよ! ぜひご覧ください!!」と呼びかけている。

藤本のほか、主人公・真弓(中谷)が高校時代に所属していた陸上部の後輩で、真弓の夫・秀明(玉木)の大学時代の同級生でもある三浦圭介役に駿河太郎、真弓に職場復帰を勧め、真弓の上司となる独身の"デキル"女・愛川由紀役に笛木優子、秀明が勤務する住宅メーカーの後輩で秀明に密かな憧れを抱く小悪魔女子・森永桃役に高橋メアリージュン、職場復帰によって“浦島太郎状態”の真弓を煙たがる年下の教育係・小島希望役にトリンドル玲奈が決定した。

関連記事(外部サイト)