若林正恭「朝ドラで見たい」- 24時間営業の不動産屋を営む88歳

若林正恭「朝ドラで見たい」- 24時間営業の不動産屋を営む88歳

画像提供:マイナビニュース

きょう12日に放送されるテレビ朝日系バラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(毎週月曜23:15〜 ※一部地域除く)では、「それまでずっと専業主婦だったのに、80歳にして急に不動産屋さんを始めた上に24時間営業にしちゃったおばあちゃん」が登場する。

スタジオに現れた“キョウコさん”は、88歳で番組最高齢の「激レアさん」だ。80歳で年中無休のうえ、24時間営業の不動産屋を開業してしまったきっかけは、「7軒連続、60年間ワケあり住宅」に住んでしまったこと。「私がバカだった」と口グセのように話すキョウコさんの、特に酷かった「水回り劇弱住宅」「便意即ダッシュ住宅」が紹介される。

また不動産屋になるために宅建の模擬試験を受験し、0点を取ってしまったキョウコさん。その驚きの理由にスタジオが爆笑する場面も。

不動産屋を24時間営業にしたことで、睡眠時間はなんと3時間というが、創業5年目で年商5億を達成という大成功を収めた。番組ではメールの返信や真夜中の内見など、丁寧な仕事ぶりを見せるキョウコさんに密着。若林正恭が「朝ドラで見たいぜ!!」と興奮する、劇的リベンジストーリーが明かされる。

関連記事(外部サイト)