瀬戸朝香、新保育園にママ目線で太鼓判「安心して預けられる」

瀬戸朝香、新保育園にママ目線で太鼓判「安心して預けられる」

画像提供:マイナビニュース

女優の瀬戸朝香が13日、4月1日に開園するTBSテレビ、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ共同設置の事業所内保育所「はなさかす保育園」開所式に登場。同園について「こういう中で子供が過ごせるのは、預けるほうも安心して預けられる」と太鼓判を押した。

3社は赤坂に事業所を持ち、かつ互いに人が資産であるという共通点から、「社員の復職支援」「地域に貢献すること」を目指して共同で事業所内保育所を開園。多様な勤務形態の社員に対応するため、平日22時までの延長保育を実施し、土・日・祝日も開園する。また、通園時の持ち物を極力減らすため、おむつサービスや寝具リースを導入。期中の復職を希望する社員にもできる限り対応していく。さらに、社員や地域の方との交流の場として活用できるフリースペースも設けるなど、地域に開かれた保育園を目指す。

同園を提案したTBSテレビ代表取締役社長の武田信二氏は「採用試験をやっていて圧倒的に女性が優秀。だんだん男女の比率が半々くらいになってきている。こういう人たちを専業主婦にするのはもったいないという思いがずっとあった」と提案に至った思いを説明し、「働きやすい会社、働きやすい地域にもっていければ」と期待。

博報堂代表取締役社長の水島正幸氏も「昨今は女性が活躍する場が増えていて、女性社員の比率、そしてママ社員が増えている。お子様を抱えながら仕事を続けられる安心の場になっていければ。また、地域への貢献も目的です」と近年の状況を踏まえて思いを語り、さらに、博報堂DYメディアパートナーズ代表取締役社長の矢嶋弘毅氏も「女性の社会進出を支援する制度をきちっと会社としてつくっていかないといけない」などと語った。

瀬戸は、3社の社長に花束を贈呈。V6・井ノ原快彦の妻で2児の母である瀬戸は「私も子供を持つ身なので、安心して預けられる場所ができるって本当に素晴らしいことだなと思います」と話し、「メニューもとても充実していて、母である私もすごく魅力的だなと思う点がいくつかあって、そして、園の中も私の大好きなカラーで、こういう中で子供が過ごせるのは、預けるほうも安心して預けられると思います」とママ目線で語った。

関連記事(外部サイト)