野性爆弾が解散危機を告白、くっきー「今の俺があるのはロッシーのおかげ」

野性爆弾が解散危機を告白、くっきー「今の俺があるのはロッシーのおかげ」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーとロッシーが、9日に配信されたインターネットテレビ局・AbemaTV『エゴサーチTV』(毎週金曜22:00〜23:00)にゲスト出演し、過去に2回コンビ解散危機があったことを明かした。

独特な世界観のコントでおなじみの野性爆弾。コンビ解散危機について踏み込まれると、「これまでに2回くらいあった」とくっきーが明かした。

そしてくっきーは「1回目は、劇場で行われていた企画で“最下位だったコンビは素人に戻す”というネタのトーナメントで最下位になってしまったとき。自分を奮い立たせるために『最下位になったら(芸人を)やめる』と周りの先輩たちに伝えていたら、まさかの最下位に」と説明。「そんな時にケンコバさんと、ザコシショウさんが来てくれて『絶対やめるなよ』と言ってもらった」と話した。

また、なかなか劇場に人が集まらない日々に痺れを切らしたくっきーが「もうやめよう」とロッシーに言った時が2回目の解散危機だったという。くっきーは「こいつ(ロッシーさん)が両目にアイボン付けてるっていうくらい、目をジャブジャブにして『もうちょっと頑張ろう』って言ったから」とロッシーの言葉で踏みとどまったことを明かし、「今の俺があるのはロッシーのおかげ」と感謝の思いを伝えた。

(C)AbemaTV

関連記事(外部サイト)