降谷建志、男子高校生4人の青春を楽曲に 『虹色デイズ』予告公開

降谷建志、男子高校生4人の青春を楽曲に 『虹色デイズ』予告公開

画像提供:マイナビニュース

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中川大志、高杉真宙、横浜流星がカルテット主演を務める映画『虹色デイズ』(7月6日公開)の予告編が14日、公開された。また、降谷建志(Dragon Ash)が主題歌を担当することが明らかになった。

同作は水野美波による累計300万部突破の人気コミックを実写化。『別冊マーガレット』(集英社)連載にもかかわらず男子高校生4人組が主人公で、イケメン男子高校生たちの友情と恋を描く。

エンディング・テーマは、降谷がソロとして書下ろした新曲「ワンダーラスト」に決定・映画からインスパイアを受けて制作された同曲は、日々の出来事から明日へ向かう旅立ち、青春から次の世界への旅立ちなど、さまざまな物事を抱え乗り越えながら先へ進んでいく高校生特有の心情を楽曲に映しこんでいる。

さらに、劇中の様々なシーンに散りばめられる挿入歌には、豪華アーティストたちの楽曲を使用する。オープニングには映画タイトルにも繋がるフジファブリックの「虹」、さらに同グループの「バウムクーヘン」や、阿部真央の「17歳の唄」、劇伴を手がける海田庄吾が作曲・飯塚健監督自ら作詞し、Leolaが歌う新曲「群青」、SUPER BEAVERの「your song」などの楽曲が、男子高校生の青春を彩る。

予告では「虹」「ワンダーラスト」に沿って、本気で恋する男子高校生たちの青春が描かれる。プールに飛び込む姿や勉強する姿、夏祭りなど、4人の男子高校生の様々な姿が盛り込まれている。
○降谷建志コメント

作品の始まりから終わりまで、その全てを観て感じて曲を創らせてもらいました。この映画と出会わなければ決して生まれる事のない、 選ぶ事のない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです。

(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

関連記事(外部サイト)