榮倉奈々、2年ぶり『99.9』の舞台へ "元祖プ女子"最終回に出演

榮倉奈々、2年ぶり『99.9』の舞台へ "元祖プ女子"最終回に出演

画像提供:マイナビニュース

女優の榮倉奈々が、嵐の松本潤が主演を務めるTBS系連続ドラマ日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士 - SEASONII』(毎週日曜21:00〜)の最終回(3月18日放送)に出演することがこのほど、明らかになった。

最終回(第9話)への出演が決定した榮倉奈々

21時から2時間スペシャルで放送する最終回には、すでにHey! Say! JUMPの中島裕翔、元横浜DeNAベイスターズで野球解説者の三浦大輔氏のゲスト出演が発表されているが、新たにSEASONIで立花彩乃を演じていた榮倉の出演が発表された。

SEASONIで榮倉が演じた立花は、斑目法律事務所・刑事専門ルーム弁護士であり東大法学部出身。エリート意識とプライドが高い性格だったが、深山(松本潤)の型破りな調査方法に振り回されながらも、共に最後の0.1%まで諦めず事実を追い求めていくうちに、弁護士として、人としての成長を遂げた、いわば斑目法律事務所のメンバーにとって戦友の一人だ。

また、同作でたびたび話題となる“プロレスネタ”を前作で担っていたのも立花であり、“元祖プ女子”。ゲスト出演するシーンは明かされていないが、どんな演技を見せてくれるのか注目だ。

2016年4月期に放送された『99.9-刑事専門弁護士-』の続編となる同ドラマは、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑むリーガル・エンターテインメント。前作に引き続き、松本が主人公の若手弁護士・深山大翔を、香川照之が敏腕弁護士・佐田篤弘を演じ、元裁判官・尾崎舞子役で木村文乃が加わった。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)