高橋ひかる『パフェちっく!』でドラマ初主演「ワクワクするものに」

高橋ひかる『パフェちっく!』でドラマ初主演「ワクワクするものに」

画像提供:マイナビニュース

女優の高橋ひかるが、FOD(フジテレビオンデマンド)で配信される連続ドラマ『パフェちっく!』(31日配信開始、全10話)で、ドラマ初主演を務めることが16日、明らかになった。

このドラマは、累計発行部数500万部というななじ眺の同名コミックが原作で、2010年に台湾でドラマ化され、今回が日本初ドラマ化。元気で明るい高校1年生の亀山風呼(高橋)だったが、ある日突然、いとこ同士の新保大也と新保壱がアパートの上の階に引っ越して来ることから繰り広げられる三角関係のラブストーリーだ。

高橋は「風呼は、私と同じ高校生で、明るい感情豊かな女の子です。風呼の恋心を表現できるよう頑張ります!」とコメント。初主演については「不安もありますが、原作ファンの方をはじめ全ての方に作品を楽しんでいただけるよう、出演者、スタッフのみなさんと一緒に風呼に負けない明るさで、現場も作品も、ワクワクするものにしていけるよう頑張ります」と意気込む。

そして、底抜けに明るく、爽やかで、人付き合いが上手、運動神経抜群というイケメン・新保大也を演じるのは、中尾暢樹。「お話をいただいた時、心配な気持ちはもちろんありましたが、周りのキャストさんスタッフさんを信じて僕は純粋に感じたことを素直に表現しようと思います。皆さんのイメージを壊さない説得力のある新保大也を演じたいです」と話している。

原作のななじ眺氏は「皆さんが主人公・風呼に感情移入したり、逆に『そりゃダメだよ風呼!』なんてつっこんだり、『壱派だ』『大也派だ』とまた 話していただけるといいなと思います」と期待。

東康之プロデューサーは、高橋について「はじめてお会いした時からひきこまれました。彼女をフジテレビの新しいスターにしたいと直感しました」、中尾については「誰もが好きになれる王道のイケメンで、その笑顔で女の子を一瞬にしてとりこにする。僕にとって原作の大也そのもの」と語っている。

(C)ななじ眺/集英社・フジテレビ

関連記事(外部サイト)