イケメン俳優の"幼少期"を次々演じ話題! 荒木飛羽のピュアな素顔

イケメン俳優の"幼少期"を次々演じ話題! 荒木飛羽のピュアな素顔

画像提供:マイナビニュース

●好きなタイプは…「考えたことない」
山ア賢人、藤ヶ谷太輔、窪田正孝、片寄涼太、大東駿介、新田真剣佑……と今をときめくイケメン俳優たち。作品によっては子供の頃の回想シーンなどが現れるが、そのイケメン俳優たちの”幼少期”を次々演じて話題となっているのが、子役の荒木飛羽(あらき とわ)だ。

事務所の先輩・高杉真宙も「どう見ても絶対イケメンになる!」と太鼓判を押し、雑誌・JUNONの2018年3月号では「“今年絶対くる”ネクストブレイクイケメン」として選出されている。さらに、NHK大河ドラマ『西郷どん』では、18日放送の第11回から徳川慶福(家茂)役として登場。2018年公開の映画も3本待機するなど、今度の活躍からも目が離せない。現在12歳の荒木に、話を聞いた。

○今までの作品の思い出は

――最初にぜひ、このお仕事をやりたいと思ったきっかけを教えてください。

キッズコレクションというファッションショーの帰り道でスカウトされて、いろいろな作品の撮影を重ねるうちにお芝居をもっとやりたいと思うようになりました。友達も増えてきたし、大人の方たちの演技を見て「すごいな」と思って、みなさんみたいになりたいです。

――いろいろな作品で、人気の俳優さんの幼少期を演じられていますが、どんな方が印象的でしたか?

『兄に愛されすぎて困ってます』の片寄涼太さんは、初めて会った時も優しく接してくれたし、初めから優しくてみんなを笑わせてくれました。『好きな人がいること』の山ア賢人さんは、初めて会った時に声をかけてくれて、僕に合わせた話をしてくれたのが嬉しかったです。僕のやっていたゲームを見て「どういうゲームなの?」と聞いてくれたりして、緊張せずにお話できました。

――『HiGH&LOW』ではスモーキー(窪田正孝)の幼少期を演じられていて。かなり背景が特徴的なシーンでもありましたよね。

『HiGH&LOW』はアクション系の作品の撮影が初めてだったので、楽しかったです。機械がいっぱいあって、触っちゃいけない、と気をつけていたのを覚えています。あとは妹のララ役の女の子とも仲良くなって、カットがかかるたびにじゃんけんをしました。

――オーディションで役を勝ち取ることも多いと思いますが、何かコツなどはありますか?

オーディションでは、特技を言ったりします。緊張しますけど、コツは、お母さんに褒めてもらうことです(笑)。お父さんとお母さんが練習に付き合ってくれて、褒めてもらって、自信をつけます。

○小学校でも話題に

――特技はダンスということですが、どういうダンスが得意なんですか?

ヒップホップです。3歳の時にEXILEのATSUSHIさんが歌っているのを見て、なぜか「ダンスをやる」と言い始めたらしくて(笑)。それがきっかけで、今も続けています。

――今、小学校6年生で、学校の友達から活躍について声をかけられることはあるんですか?

クラスで「あの作品に出てたね」と声をかけられたりします。『HiGH&LOW』の時は、女子が話題にしていて、違うクラスの女の子にも『HiGH&LOWに出てたでしょう』と言われました。どの作品も反響はあるんですけど、『兄こま』『トドメの接吻』『24時間テレビ』(24時間テレビ40ドラマスペシャル『時代をつくった男 阿久悠物語』)は、特に友達に言われることが多かったです。

――学校ではどんな科目が得意なんですか?

得意な科目は国語で、苦手な科目は算数です。台本を読むようになってから、だんだん国語の成績が上がってきていると思います。

――ちなみに、好きな女の子のタイプはありますか?

考えたことない……(困った様子に)。

――すごいピュアな反応が……! かわいい人と美人な人だと、どちらが好きとか。

かわいい人と、美人な人って、違うんですか……? (照れながら)性格がよくて明るい人です。

●現場での山ア賢人の姿に……
○大河ドラマに初挑戦

――18日からは大河ドラマ『西郷どん』の出演回が放送されますが、何か撮影の思い出はありますか?

大河ドラマは、カットがかかったあとに、自分が言ったセリフがその現場で流れるんです。初めての経験だったので、緊張しました。北川景子さんにきつい言葉を浴びせるシーンがあって、「この人にちゃんと怒ろう」と思いながら演じました。

――大河ドラマに対して「やるぞ」と気合いを入れるような気持ちはありましたか?

ありました。着物を着て動かなければいけないので撮影も大変で。第15回は動きが特に多かったので、「畳の縁を踏んじゃいけない」とか、歩き方も気をつけた上で、表情を入れるのが大変でした。あんなに動きづらいのに演技をしている周りの方がすごいと思いました。

――今まで共演して「すごいな」と思った俳優さんはどんな方ですか?

やっぱり、山ア賢人さんです。今の『トドメの接吻』も、同じシーンの撮影を何回もしながらだんだん演技を変えていくところがすごいし、セリフもかっこいいんです。

――逆に共演していない俳優さんで、憧れている方は。

映画『謝罪の王様』に出ていた、竹野内豊さんです。他の作品に出てるのも観ていて、最初は単純に「すごい人だな」と思っていたんですけど、『謝罪の王様』を観て、「この人みたいになりたいな」という気持ちに変わりました。

――将来、めちゃめちゃ渋い感じになるのかもしれないですね。役者の仕事をやっていて楽しいのはどんな時ですか?

自分と真反対の性格を演じるのが面白いです。ネスレショートムービー(「星に願いを」第3話『流れ星までの1時間』)では、少し不良のような役をやらせてもらいました。いとこ役の人に、「こうしたいんだろ!」と強めに話しかけるシーンもあって、「こういう時はどういう口調なんだろう」と考えながら演じました。
○先輩・高杉真宙はすごく優しい

――事務所の先輩の高杉真宙さんは、荒木くんについて「初めての後輩」「すごく素直でまっすぐで、最近は大人っぽくなってきた」と言ってました。荒木くんから見て高杉さんはどういう先輩ですか?

すごく優しいし、僕が言ったことに全部合わせてくれて、アドバイスもくれるんです。最初に入った時に、事務所の忘年会があったんですが「どう挨拶をすればいいんだろう」と困っていた時にちょうど話しかけてくれて、「こうしたらいいよ」と教えてくれました。

――先輩後輩としては、どういう会話をするんですか?

僕がやっているゲームの話をします。「困ったことがあったら、聞いてね」と言ってくれてうれしかったです。

――高杉さんは「ぜひピュアなまま大人になってほしい」と言ってたんですが、荒木さんはどういう大人になりたいですか?

演技が上手で、明るい性格の大人になりたいです!

■荒木飛羽
2005年9月28日生まれ、茨城県出身。2014年、ドラマ『死神くん』で俳優デビュー。以来、ドラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『好きな人がいること』、映画『ヒロイン失格』『MARS〜ただ、君を愛してる〜』『兄に愛されすぎて困ってます』『HiGH&LOW THE MOVIE3/FINAL MISSION』などに次々と出演。2018年はドラマ『トドメの接吻』(放送終了)、大河ドラマ『西郷どん』、映画『3D彼女 リアルガール』(秋公開)などが放送、公開される。
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)