沢口靖子主演『科捜研の女』200回SP、今シーズン最高視聴率15.1%

沢口靖子主演『科捜研の女』200回SP、今シーズン最高視聴率15.1%

画像提供:マイナビニュース

女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』の15日(20:00〜20:54)に放送された200回スペシャルが、今シーズン最高視聴率の15.1%を獲得した(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)。

『科捜研の女』に出演する沢口靖子(左)と内藤剛志

1999年10月21日放送がスタートした同ドラマは、これで全200回通算の平均視聴率が12.3%と安定した人気を誇り、レギュラー放送で15%を超えたのは、2011年11月10日に放送されたシーズン11・第4話(15.5%)以来、6年ぶり。

沢口は「記念すべき200回目の放送を、多くの方にご覧いただけて本当にうれしいです! ありがとうございます」と喜びながら、「脚本家の櫻井(武晴)さんの本のお力が大きいと思います。『労働時間』という今のテーマを取り入れながら、演者は答えを出さず視聴者に委ねるという重厚な内容で、科捜研の存続も問われました。シリーズを長く続けてきたからこそ描けた世界だと思います」とコメントした。

22日に放送される次回は「200回突破記念 最終回スペシャル」。シリーズ史上最高のIQを持つ謎の犯罪者と対決し、仕掛けられた予測不能な罠に、科捜研が最新科学で挑む。ゲストは、近藤正臣、かたせ梨乃、西岡コ馬、中川大志ほか。

関連記事(外部サイト)