須藤凜々花、恋は「ダイナミックなことしか…」学生時代の思い出も語る

須藤凜々花、恋は「ダイナミックなことしか…」学生時代の思い出も語る

画像提供:マイナビニュース

元NMB48の須藤凜々花が15日、東京・新宿歌舞伎町の東京ミステリーサーカスで行われたau×ちはやふる応援キャンペーン リアル脱出ゲーム「新設かるた部廃部の危機からの脱出」のオープニングプレスイベントに登場した。

須藤凜々花

袴姿で登場した須藤は、特技である百人一首について「中学校の頃にやっていて、中学1年生と2年生のときに、校内の大会で2年連続優勝したんです」と明かし、「百人一首という意味より、頭文字で当てるみたいな遊びで始めた」と説明した。

また、「『ちはやふる』のような恋はありましたか?」と聞かれると、「甘酸っぱいっていうか、ダイナミックなことしかしてないから。でもしてます。今もしてます」と話し、会場から笑いが。そして、「三角関係とかはないですね。でも、学校の先生が好きになったことはありました。学生時代に52歳の地理の先生が好きで、先生に褒められたいから勉強して(成績)5をとりました」と学生時代の恋も語った。

昨年6月に行われたAKB48選抜総選挙のスピーチで突然結婚宣言して驚かせ、同年8月にNMB48を卒業した須藤。今年4月に交際中の男性と結婚する予定となっている。

「新設かるた部廃部の危機からの脱出」は、映画『ちはやふる −結び−』(3月17日公開)の公開にあわせ、15日〜19日の5日間限定で開催。5人1組のチームで謎解きに挑戦し、かるた部廃部を防ぐことを目指すという内容で、事前に行われた募集の当選者のみが参加できる。

関連記事(外部サイト)