本木雅弘「草なぎさんの新しい旅立ちを応援したい」共演への思い明かす

本木雅弘「草なぎさんの新しい旅立ちを応援したい」共演への思い明かす

画像提供:マイナビニュース

俳優の本木雅弘(52)、女優の宮沢りえ(44)、元SMAPの草なぎ剛(43)が18日、都内で行われたサントリー緑茶「伊右衛門」の新テレビCM先行記者発表会に出席。同日より全国で放送開始された新CM「こころの茶屋」編がお披露目され、撮影エピソードも明かされた。

"伊右衛門夫妻"役の本木、宮沢に加え、草なぎが伊右衛門CMシリーズに初参加。新CMは、草なぎ演じる"こころのざわつき"を抱えた現代人が、伊右衛門夫妻の江戸時代の茶屋を訪れ、お茶を飲んでホッとして心が軽くなり、新たな決意で現代へ帰っていくというストーリーだ。現代人(草なぎ)は「大変ですよね、生きるって。傷つけたり、傷ついたり」と伊右衛門の妻(宮沢)に相談し、出されたお茶を飲むと「ええ味か…」とホッとした表情になる。

撮影時、草なぎは「本当にタイムスリップした気持ちになった」と伊右衛門CMシリーズの世界観を楽しんだよう。そして、本木と宮沢を憧れの大先輩だと言う草なぎに対し、宮沢は「草なぎさんは不思議なチャーミングさがあったので、CMのできあがりが楽しみです」と話し、本木は「草なぎさんの新しい旅立ちを応援していきたいという思いで撮影にのぞみました」とCMの役柄と草なぎ本人を重ね合わせていたという。

発表会でもCM撮影の話題になり、草なぎは「今日も緊張しているんですが、撮影時も小さいときから見ていた大大先輩なので、しかもお二人の夫婦感ができあがっている状態なので本当に緊張して、こんなに緊張するかっていうくらい」と撮影を振り返り、また、「演技してなくて素の自分が出ている感じがして、僕の人生に重なっているCMでした」と語った。

宮沢は草なぎについて「いつもフラット。すごい緊張されてたって言ったけど、まったくそんな感じしなかった」と言い、本木も「しない。癒やされに来たはずの草なぎさんに私たちが癒やされてしまった。そういう魅力というか、本当に気負いがなく、でも温かいエネルギーが流れていて、あとよくよく聞いているとすごく声が素敵なんですよね」と絶賛。草なぎは「すいません、そんなに褒めていただいて、何をあげたらいいですか」と恐縮していた。

CM終盤は「足しびれ編」「歌編」「歌 特別編」の3パターンのオチで展開され、「歌編」と「歌 特別編」では、伊右衛門を飲んでホッと心が軽くなった草なぎが、優しい声で「ええ味〜〜」とギター演奏を披露。同シーンについて、CMディレクターの中島信也氏は「実は歌ってくださいと言ってません。カットしなかったら歌っちゃったんです」と明かし、草なぎも「今初めてできあがったのを見て、使ってるんだと」と笑い、森氏に「先ほども楽屋で歌ってましたよね」と言われると、「好きなんです」と話した。

すると、本木が「草なぎさんのSNSをのぞいたときに、香取さんのお誕生日のために歌ってらっしゃるのを見て、思わずうるっときてしまいそうになった。こんな粋なことができるんだって」と香取慎吾の誕生日に贈った草なぎの歌に感動したと告白。ここで突然、森氏から「ご関係あったんでしたっけ?」と草なぎとの関係を聞かれると、本木は「古巣が一緒」と答え、スタジオから笑いが起こった。

関連記事(外部サイト)