CMで話題の加藤小夏『スカッとジャパン』出演!「胸キュンを届けられたら」

CMで話題の加藤小夏『スカッとジャパン』出演!「胸キュンを届けられたら」

画像提供:マイナビニュース

サンミュージック所属の女優・加藤小夏(18)が、きょう19日に放送されるフジテレビ系バラエティー番組『痛快TVスカッとジャパン』(毎週月曜19:57〜)の人気コーナー「胸キュンスカッと」にヒロインとして出演する。今回が地上波テレビ初出演となる。

加藤は1999年6月26日生まれ、東京都出身の18歳。中学1年生の時、原宿でスカウトされ芸能界入りし、高校入学後に本格的に活動を始めた。ポカリスエットや大塚製薬などさまざまなCMに出演。先月末に公開されたホットペッパービューティーのウェブ動画「春」は、公開から1週間で150万回再生を突破し、注目を集めている(現在200万再生突破)。

このたび、『痛快TVスカッとジャパン』で地上波テレビ初出演。卒業アルバムに書かれたメッセージが恋心を加速させるキッカケになるというストーリーで、若手俳優の杉野遥亮と共演する。思わずキュンとなるセリフや仕草に注目だ。

加藤は、今回の役について「告白のシーンまでにメンタルボロボロになって可哀想な子になるところは意識しました。セリフがなく表情で見せるシーンなどは特に悲しい気持ち、辛い気持ちが伝わるよう意識しました」と説明。「観ている人に胸キュンしてもらうために、告白のシーンのドキドキ感は意識しました。感情を前に出しすぎず、見ている人に『頑張れ!』って思ってもらえるような女の子を意識しながら演じました」と明かす。

また、地上波初出演について「撮影の時はそこについて意識しなかったのですが、放送を告知してからファンの皆さんや友達から『おめでとう』とか『見るね』という言葉をたくさんもらえたので…注目度の高さがやっぱり地上波だなぁ、と思いました笑」と周囲の反応で実感したようで、「もっともっと頑張って皆さんに見てもらいたいなとも思いました」と語った。

さらに、放送直前となり「なぜか撮影の時よりも緊張してます(笑)」と心境を告白。「自分がどんな風に映ってるのか全くわからないので不安はありますけど、楽しみでもあります。家族とリアルタイムで見ようか放送終わってから1人でこっそり見ようか考えてたりしてます…笑」と打ち明けつつ、「みなさんに胸キュンを届けられたらいいなぁと思います!」と願っている。

ホットペッパービューティーのウェブ動画「春」の場面写真