稲垣・草なぎ・香取『クソ野郎』ショップに喜び! 期間中も登場?「あります」

稲垣・草なぎ・香取『クソ野郎』ショップに喜び! 期間中も登場?「あります」

画像提供:マイナビニュース

元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が19日深夜、東京・日比谷の帝国ホテルプラザに20日からオープンする映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)をテーマにしたショップ「POP UP SHOP」の内覧会に登場した。

3月20日〜4月20日の期間限定でオープンする「POP UP SHOP」は、映画『クソ野郎と美しき世界』のアクション&ファンタジー&ラブ&ミュージカルの世界観を再現。実際に映画で使用されたピアノ、キャストが実際に身に付けた衣装、装飾品の数々などが展示され、オリジナルグッズも多数販売される。また、ショップ内モニターにてショップ限定の映像を放映し、こだわりのコーヒーが飲めるカフェも併設する。

深夜に集まった報道陣に対して、3人は「こんな遅い時間にたくさん集まっていただいてありがとうございます」などと感謝。稲垣は「映画の世界観を楽しんでいただけるような『POP UP SHOP』を期間限定で開催します。映画同様こちらにも遊びに来ていただけたら」とあいさつした。

草なぎは「映画の世界をおもしろくアート的な感じで再現していて、ここでしか味わえない空間。映画のこともより深く理解していただける場所なので、映画公開の前に来ていただくと映画も倍楽しんでもらうことができると思う」と魅力を伝え、香取は「『クソ野郎と美しき世界』の世界観を映画公開前から予習、復習たっぷりできると思う」とアピール。併設カフェのカウンターに立つ可能性について聞かれると「あります!」と即答した。

香取はまた、「信じられないですね。歴史ある帝国ホテルの中にオープンできて」と感激した様子で、「すぐ目の前に宝塚劇場がある。宝塚に遊びに来た方もぜひ遊びに来てほしい」と期待。稲垣も「由緒あるホテルに作っていただいて本当に光栄。そして、この街すごい素敵じゃないですか。お店とこの街と相乗効果で、このお店を満喫していただいた後にこの街も満喫したり・・・ここにあってすごくいいなと思います」とうれしそうに話した。

さらに、草なぎも「伝統があるところで、僕自身も大人になれるんじゃないかなみたいな。来る方もいろんな方が、海外の方とか、年齢層問わず幅広く楽しんでいただける場所なので、本当にこういうところでこういう店ができて光栄」と喜び、「僕らの大きな一歩としてスタートする場所として、いいところでお店ができてスタートできるなという気持ちです」と感慨深げに語った。

映画『クソ野郎と美しき世界』は、3人のオフィシャルファンサイト「新しい地図」が初めて製作を手掛ける劇場公開作品。4つの短編オムニバスからなり、Episode.1「ピアニストを撃つな!」(園子温監督/稲垣出演)、Episode.2「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」(山内ケンジ監督/香取出演)、Episode.3「光へ、航る」(太田光監督/草なぎ出演)、Episode.4「新しい詩(うた)」(児玉裕一監督/クソ野郎★ALL STARS出演)で構成される。4月6日より2週間限定、86(野郎)館で全国公開される。

関連記事(外部サイト)