天海祐希&沢村一樹、2夜連続ドラマの主演がワンシーンで共演

天海祐希&沢村一樹、2夜連続ドラマの主演がワンシーンで共演

画像提供:マイナビニュース

テレビ朝日系の2夜連続アガサ・クリスティ原作ドラマスペシャル『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』(24日21:00〜23:10)、『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』(25日21:00〜23:10)にそれぞれ主演する女優の天海祐希と俳優の沢村一樹が、ワンシーンで共演していることが20日、明らかになった。

この共演が実現するのは、天海主演の第一夜『パディントン発4時50分〜寝台特急殺人事件〜』のクライマックス。雪が舞う幻想的な夜、今作の冒頭のように、並走する列車に乗った瞳子(天海)と相国寺(沢村)が、"一瞬の邂逅"を果たす。

天海は「共演シーンの撮影は『パディントン―』のクランクアップでもあったのですが、『あれ!?どうして沢村さんがスタジオにいらっしゃるのかな』と思いました(笑)。とても美しく、余韻のあるシーンに仕上がりましたので、ぜひお見逃しなく!」と予告。

沢村は「第二夜の作品はまだクランクインする前だったのですが、あの日は僕ひとり、『パディントン―』のロケ現場までうかがったんですよね。すごくキレイに撮っていましたよね。とても貴重なシーンになったと思います」とアピールしている。

関連記事(外部サイト)