井浦新、成田凌と共同生活「一線越えているところもたくさん」

井浦新、成田凌と共同生活「一線越えているところもたくさん」

画像提供:マイナビニュース

俳優の井浦新が20日、都内で行われた「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」(4月19日〜22日)の概要発表会見に出席。映画『ニワトリ★スター』(公開中)で共演した俳優・成田凌とのエピソードを語った。

特別上映作品の『ニワトリ★スター』で主演を務めた井浦は、クランクインの10日前から、成田とアパートで2人だけの共同生活をしたと話し、「映画の世界の人になっていく10日間。入った時からから標準語禁止で、わからなくても関西弁でしゃべり続けた。ダメな2人なんで、どうしようもない日々を過ごしてそのまま撮影に入りました」と説明。「一線越えているところもたくさんあった」と冗談めかして話した。

井浦は、たくさんの芸人とともに映画祭に参加する心境を聞かれると「光栄です」と答え、「今、みなさんの真ん中に立たせていただいて本当すいません」と恐縮。そして、「沖縄映画祭も初めての参加になるのでとても楽しみにしていますし、桜坂劇場などご縁がある場所もあるので楽しみです」と当日への期待を語り、芸人とうまく絡めそうか聞かれると「勉強させていただきます。よろしくお願いします」と芸人たちにあいさつした。

会見には、宮川大輔、NON STYLE、鉄拳、シソンヌのじろう、ブラックマヨネーズの小杉竜一、野性爆弾のくっきー、ガンバレルーヤのよしこ、宮川たま子、岡崎朋美、かりゆし58の前川真悟、島袋寛子らも出席。司会はガレッジセールと木佐彩子アナが務めた。

2009年にスタートした同映画際は、春の沖縄を代表する総合エンタテインメントの祭典。10回目となる今年は、4月19日〜22日の4日間、那覇市、北中城村などで開催する。期間中は映画の上映のほか、舞台挨拶、レッドカーペット、お笑いライブ、音楽ライブ、ファッションショーなど、バラエティに富んだイベントを開催する。

関連記事(外部サイト)