カンニング竹山『みなさん』最終回の撮影立ち合う 石橋貴明から感謝も

カンニング竹山『みなさん』最終回の撮影立ち合う 石橋貴明から感謝も

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人のカンニング竹山が17日、インターネットテレビ局・AbemaTVの番組『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(25:00〜27:00)に生出演。フジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(毎週木曜21:00〜)の最終回の収録に立ち会ったことを明かした。

番組冒頭、竹山が「ビックニュースがある」と話し、竹山の憧れでもあるとんねるずの石橋貴明がこの番組を視聴していたことを報告。22日に最終回を迎え、30年の歴史に幕を閉じる『みなさんのおかげでした』の収録を見にスタジオへ行った際、石橋に「ありがとな、AbemaTVでいろいろ話してくれて」と言われたという。

そして、「関東で芸人をやりたいと思っていた僕の中にはたけしさん、とんねるずさんがいた。16歳の時に番組が始まった時は夢中だった、『いつかとんねるずに会いたいな』『とんねるずみたいになりたいな』と夢をはせながらやってきた」と、とんねるずへの憧れを改めて語り、「最初は全く(とんねるずの)2人にハマらなくて。でもここ3、4年で可愛がってもらって。番組が始まって30年、歴史的なバラエティ番組が終わる瞬間に、同じスタジオで立ち会えたという事はすごく感慨深かった」とその心境を明かした。

また、最後の収録を見た感想として「かっこいい言葉を使うと『俺の30年も間違っていなかった』と思った瞬間だった」と答え、とんねるずの背中を追いかけながら、芸人として駆け抜けた自分の人生も間違ってはいなかったと語った。

(C)AbemaTV

関連記事(外部サイト)