トレエン斎藤「客のバイブスがすごい」- ENGEI歌謡ショー舞台裏(1)

トレエン斎藤「客のバイブスがすごい」- ENGEI歌謡ショー舞台裏(1)

画像提供:マイナビニュース

"日本一豪華なネタ番組"フジテレビ系『ENGEIグランドスラム』の第10弾が、7日(19:00〜23:10)に放送される。今回は、昼の14時から関連特番が立て続けに編成されるのに加え、新企画も展開されるが、その中で注目なのは、歌ネタ自慢の芸人たちがパフォーマンスを披露する「ENGEI歌謡ショー」だ。

そこで、このステージを終えたばかりで興奮冷めやらぬ芸人たちのへの直撃インタビューの模様を、放送当日まで3日間にわたって紹介する。まずは、トレンディエンジェル扮するZURADWIMPS(ズラッドウィンプス)。

ZURADWIMPSが歌ったのは、RADWIMPS「前前前世」のメロディでで薄毛の悲哀を歌った「前前前髪」。せりあがりでステージに登場した斎藤司は「いくぜフジテレビ〜!」と頭からテンション全開で、その伸びやかな歌声をスタジオにとどろかせると、客席からは自然と手拍子が発生していた。

ステージを降りると、息を切らしているほど、全力を出し切った2人。斎藤は「お客さんのバイブス(ノリ)がすごかったんです。野音以来のやりやすさだった」とアーティスト気分に酔いしれ、「こんなに『ペッペッペー』頼りなのも久しぶりでした」と振り返った。

一方のたかしも「ギグでしたね」と充実に満ちあふれた様子で、「盛り上がったね。やっぱ曲の力がすごかったです」と、RADWIMPSに助けられた部分もあったようだ。

『ENGEIグランドスラム』には、いつも漫才で臨んでいるトレンディエンジェルだが、「歌謡ショー」とどちらが緊張するかを聞かれると、斎藤は「圧倒的にこっち(歌謡ショー)ですね。漫才は取り返せるけどこっちは取り返せないんで」といい、次回は「絶対漫才」と即答するほど、プレッシャーがかかっていた模様。

そして、「ZURADWIMPS今日で解散になります」と終結を宣言する斎藤に対し、たかしは手応えを感じたのか「また復活ライブを」と、まだまだやる気満々の表情を見せていた。

関連記事(外部サイト)