友近「演芸って日本に絶対必要」- ENGEI歌謡ショー舞台裏(2)

友近「演芸って日本に絶対必要」- ENGEI歌謡ショー舞台裏(2)

画像提供:マイナビニュース

"日本一豪華なネタ番組"フジテレビ系『ENGEIグランドスラム』の第10弾が、あす7日(19:00〜23:10)に放送される。今回は、昼の14時から関連特番が立て続けに編成されるのに加え、新企画も展開されるが、その中で注目なのは、歌ネタ自慢の芸人たちがパフォーマンスを披露する「ENGEI歌謡ショー」だ。

そこで、このステージを終えたばかりで興奮冷めやらぬ芸人たちのへの直撃インタビューの模様を、放送当日まで3日間にわたって紹介する。2日目は、友近とバッファロー吾郎A扮する水谷千重子with八公太郎。

『ENGEIグランドスラム』の豪華なセットに、水谷は「扉が立派だからさ、総理官邸に来たのかと思っちゃった」と話すと、八は「バカ! 何が総理官邸だよこの野郎! アイムソーリーって謝れ!」と怒りだし、水谷は「アイムソーリー、宇野総理」と謝罪。そこから、「コラ!任期短ぇ総理言うんじゃねーよ!」(八)、「69日だからね」(水谷)、「任期言うんじゃねーよ!」(八)というやり取りが、2ターンほど行われた。

2人が歌ったのは、あのレベッカの名曲「フレンズ」を演歌調にした「フレンズ音頭」。舞台には立派なやぐらが組まれ、水谷が「お客さんやテレビをご覧の皆さんと、もっとお近づきになりたいという意味で」と説明するとイントロが始まり、盆踊り要員とともに、ビブラートの効いた水谷の歌声と八の絶妙な合いの手が、スタジオに響きわたった。

ステージを終えた水谷は「お客さんが一緒に手拍子してくれましたね」と喜んだが、八は「お客さんが良いのにさ、扉を間違えるんじゃないよ」と文句。そこから「あたしは総理官邸に入ってきたんだと思ったの」「なんだよ総理官邸って。謝れお客さんに、アイムソーリーって」「アイムソーリー、宇野総理」「バカヤロー任期短ぇ総理言うんじゃねーよ」……というやり取りが、舞台裏でも繰り広げられた。

あらためてステージの感想を聞かれると、水谷は「すごいじゃん! やっぱ演芸っていうものはさ、日本にとっては絶対に必要なことだから」と力説しながら、「私1人が出ることだけでもすごいことなのに、なんにもやってないこの八のバカヤローが金魚糞のようについてくる。これはもう信じられない話」と不満の様子。

それに対し、八が「そんなこと言って、おまえ扉間違って出てるんじゃねえか」、水谷が「総理官邸だと思っちゃったわけ」……以下略。

(C)フジテレビ

関連記事(外部サイト)