玉木宏、木南晴夏と結婚 「のだめカンタービレ」“千秋様”で全女子虜に 歌手・写真家としても活動<略歴>

玉木宏、木南晴夏と結婚 「のだめカンタービレ」“千秋様”で全女子虜に 歌手・写真家としても活動<略歴>

玉木宏(C)モデルプレス

【玉木宏/モデルプレス=6月21日】俳優の玉木宏(38)が、女優の木南晴夏(32)と結婚することが21日、一部で報じられ、双方の所属事務所が事実であることを認めた。ここでは玉木の略歴をまとめる。

玉木は1980年1月14日生まれ、愛知県出身。血液型はA型。身長180cm。高校2年生の頃に地元・名古屋で、現在の所属事務所アオイコーポレーションの社長にスカウトされ芸能界入り。高校卒業とともに上京し、1998年放送のドラマ「せつない」(テレビ朝日系)で俳優デビューを果たした。

2001年公開の映画「ウォーターボーイズ」で注目を浴び、2003年のNHK連続テレビ小説「こころ」ではヒロインの中越典子が恋心を抱く花火職人を演じ、世間に広く認知されるようになる。

◆「のだめカンタービレ」千秋真一が当たり役 多数の話題作に出演

2004年3月放送の「恋愛小説」(WOWOW)でドラマ初主演、同年11月公開の「雨鱒の川」で映画初主演。2006年には「氷壁」(NHK)で連続ドラマ初主演を務めたほか、「功名が辻」でNHK大河ドラマに初出演、映画「ただ、君を愛してる」で主演、月9ドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ系)の千秋真一役を演じ、一躍人気俳優に。2007年2月、エランドール賞新人賞を受賞した。

ほかドラマ「愛し君へ」(フジテレビ系/2004年)、「篤姫」(NHK/2008年)「鹿男あをによし」(フジテレビ系/2008年)、「ラブシャッフル」(TBS系/2009年)、「平清盛」(NHK/2012年)、「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系/2014年)、「オリエント急行殺人事件」(フジテレビ系/2015年)、「残念な夫。」(フジテレビ系/2015年)、「あさが来た」(NHK/2015年)、「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(フジテレビ系/2016年)、映画「ROCKERS」(2003年)、「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」(2016年)、「ラプラスの魔女」(2018年)、「ラブ×ドック」(2018年)など多くの話題作・ヒット作に出演。

現在放送中のドラマ「あなたには帰る家がある」(TBS系/毎週金曜よる10時)では、“妻には決して言えない本音”を抱え、浮気をしてしまう住宅販売会社の営業マン・佐藤秀明を演じ、少々情けない役どころで話題を集めている。

◆歌手・写真家などアーティスト活動も

また、俳優として活躍する一方、2003年には映画「ROCKERS」でギタリスト役を演じたことをきっかけに、2004年6月に1stシングル「Seasons」で歌手デビュー。香港・韓国・台湾などアジア圏でもツアーを開催するなど、音楽活動の面においても魅力を発揮。

さらには趣味のカメラを活かし、2011年に自身初となる写真展「TASAKI Timeless Message Photo Gallery」を開催。念願のカメラマンデビューも果たし、注目を集めた。

◆“イケメンボイス”活かし吹き替え・ラジオパーソナリティーを担当

低音の“イケメンボイス”が特徴でもあり、「タイムライン」(2003年)、「マダガスカル」シリーズ(2005・2009・2012年)、「ジュラシック・ワールド」シリーズ(2015・2018年)での吹き替えも担当。2007年には「玉木宏のオールナイトニッポン」、2013年には「玉木宏のオールナイトニッポンGOLD」(ともにニッポン放送)、2010年から2012年にかけて「Naked」(bayfm)などでラジオパーソナリティーとしても活躍した。

◆玉木宏、木南晴夏と結婚報道

同日モデルプレスの取材に対し、玉木の所属事務所は「結婚することは事実です」とコメント。また、木南の所属事務所も「結婚することは事実」と認めている。

一部報道によると、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたが、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」での共演を機に交際に発展したという。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)