「半分、青い。」ユーコ(清野菜名)が行方不明…ボクテ(志尊淳)からの報告に「急展開すぎる」「理解が追いつかない」涙する視聴者続出

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で急展開 志尊淳からの電話に涙する視聴者続出

記事まとめ

  • NHK連続テレビ小説『半分、青い。』26日の放送の第153話で涙する視聴者が続出した
  • 東日本大震災により、主人公・鈴愛(永野芽郁)の親友ユーコ(清野菜名)が行方不明に
  • ボクテ(志尊淳)からの「ダメだった」という電話に涙する視聴者が相次いだ

「半分、青い。」ユーコ(清野菜名)が行方不明…ボクテ(志尊淳)からの報告に「急展開すぎる」「理解が追いつかない」涙する視聴者続出

「半分、青い。」ユーコ(清野菜名)が行方不明…ボクテ(志尊淳)からの報告に「急展開すぎる」「理解が追いつかない」涙する視聴者続出

清野菜名、志尊淳 (C)モデルプレス

清野菜名志尊淳/モデルプレス=9月26日】女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜〜土曜あさ8時)の第153話が26日、放送された。思わぬ展開に涙する視聴者が続出している。<※以下、ネタバレあり>

◆行方不明のユーコ(清野菜名)、見つかるも… ※ネタバレあり

東日本大震災により、かつて“秋風塾”で鈴愛(永野芽郁)とともに漫画家として切磋琢磨していた親友のユーコ(清野菜名)が行方不明に。ボクテ(志尊淳)もユーコの安否を案じ、鈴愛と頻繁に連絡を取り合っていたが、依然としてユーコの生存確認は取れないままだった。

そんなとき、ユーコの夫・浅葱洋二(山中崇)から鈴愛のもとに連絡が。洋二から、秋風羽織先生(豊川悦司)が洋二を心配して仙台の家に来てくれたこと、そしてユーコが帰ってきたときに見せるために、漫画『A-Girl』の続編を描いていることを伝えると、鈴愛は「秋風先生が一人だけのために漫画を描いてくれているんだから、帰ってこなきゃね」とより一層、ユーコの帰りを願う気持ちを強くさせた。

しかし、次にかかってきた電話で鈴愛の耳に入ってきたのは「ユーコちゃん、見つかったって…ダメだった」と声を震わせながら告げるボクテの声だった。

◆最終話目前で衝撃展開…涙する視聴者続出

29日に迎える最終話を目前にした急展開に、ネット上では「どうしよう、理解が追いつかない…理解したくない」「ダメだったってそういうこと…?朝から涙が止まらない」「ユーコちゃん…悲しい、急展開すぎるよ…」「ボクテくんの声震えながらも一生懸命鈴愛ちゃんに伝えていてつらかった」「まだユーコちゃんは無事だって信じてる」など、視聴者から様々な声が上がっていた。

◆朝ドラ「半分、青い。」

連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(永野芽郁)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けるおよそ半世紀の物語。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)