超特急の魅力たっぷり 無茶ぶりに応える

超特急の魅力たっぷり 無茶ぶりに応える

超特急(画像提供:テレビ朝日)

【超特急/モデルプレス=9月26日】メインダンサー&バックボーカルグループの超特急が出演する「超特急の enjoy 3時間SP!!」(CSテレ朝チャンネル1/29日夕方4時〜)が放送されることが分かった。

◆超特急、素の表情見せる

オリジナルロケと「テレビ朝日夏祭り SUMMER STATION 音楽 LIVE」でのLIVE模様を合わせて、たっぷり3時間で、超特急の魅力を放送する同番組。ロケでは、番組プロデューサーの無茶ぶり指令に応えるべく、「タクヤ・リョウガ・ユースケ 」「タカシ・カイ・ユーキ」の2チームに分かれ、麻布十番の街を謎解きグルメ散歩。謎解きには必須のチームワークの良さを発揮し、美味しいものをGETしたメンバーからは、素の表情が垣間見える。

◆超特急「レギュラー化してほしい」

メンバーは、ロケについて「謎解きをみんなでやるというのは、チームワークと頭の回転が大事だということがよく分かりました!」と回想。「謎解きロケ、凄く楽しかったので、ぜひレギュラー化してほしいです!」と意欲を見せた。

◆ユーキ「楽しむ準備できてんのかー!」

一方、3回目の出演となる「テレビ朝日夏祭り SUMMER STATION 音楽 LIVE」では、ユーキの「お前ら、楽しむ準備できてんのかー!」という声でライブがスタート。1曲目「OVER DRIVE」でカイが、「お前ら、声出せるかー!」と叫ぶと、8号車はそれに応え、オープニングから会場全体がひとつになった。

◆新曲「Booster」披露

続けて、「Summer love」「超えてアバンチュール」と、ダンスチューンを次々とパワフルなパフォーマンスで届けると、新曲「Booster」を披露。タオルを振り回してメンバーがステージの端から端まで駆けまわる「浮つきWAVES」では、ファンをしっかり煽り、それぞれがドリンクを一気飲みしするパフォーマンスと決め台詞で、8号車をさらに沸かせた。

◆超特急、8号車とひとつに

そして、爽快なナンバー「HOPE STEP JUMP」でライブは終盤へ。「みんなと一緒に騒ぎたい!」とユースケが声を上げ、シュールな振付けとパワフルな演出が魅力の「SAY NO」に突入し、コール&レスポンスで8号車のボルテージは最高潮を迎えた。

アンコールでは、サビがキャッチーな「Jesus」で、8号車が“Venus ポーズ”をメンバーと一緒にダンス。最後まで、メンバーと8号車がひとつになり突っ走ったサマステライブは終了した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)