SUPER☆GiRLS、浅川梨奈・内村莉彩ら5人がグループ卒業を発表<コメント>

SUPER☆GiRLSの渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩が卒業へ

記事まとめ

  • SUPER☆GiRLSの渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩が卒業と発表
  • 2019年1月11日に行われるワンマンライブにて卒業、公式サイトで5人がコメント
  • 卒業後のそれぞれの「道」は、改めてラストステージでそれぞれから発表するとしている

SUPER☆GiRLS、浅川梨奈・内村莉彩ら5人がグループ卒業を発表<コメント>

SUPER☆GiRLS、浅川梨奈・内村莉彩ら5人がグループ卒業を発表<コメント>

SUPER☆GiRLS/(提供写真)

【渡邉ひかる・宮崎理奈・溝手るか・浅川梨奈・内村莉彩/モデルプレス=10月1日】SUPER☆GiRLSの渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩が、グループから卒業することがわかった。1日、公式サイトにて発表された。

◆スパガ渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩が卒業

公式サイトでは、「本日10月1日、SUPER☆GiRLSメンバー渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩が 来年2019年1月11日のワンマンライブをもってグループを卒業することを発表いたします」と渡邉、宮崎、溝手、浅川、内村が、2019年1月11日に行われるワンマンライブにて卒業することを報告。

現在、2020年の結成10周年に日本武道館に立つことを目標として活動計画を立てているといい、「今回卒業を発表した5人それぞれと、多くの時間を費やし話し合い、向き合い、1人1人の今後の人生についても話をしました。それぞれに事情、理由があるのは当然ですが本人が悩みに悩んで出した結論です」と説明。

「ここまでSUPER☆GiRLSとして貢献してくれて、頑張ってくれて、ファンの皆様に愛されてきたメンバーであることに感謝するとともに、またこの先の選んだ人生を応援していきます」とし、「11月4日の最終審査で新メンバー合格発表後は渡邉幸愛、石橋蛍、阿部夢梨、長尾しおりとともに 新SUPER☆GiRLSとして、ともに大きな夢に向かって進んでいきたいと思っています」と今後の活動についてコメントした。

なお、卒業後のそれぞれの「道」は、改めてラストステージでそれぞれから発表するとしている。

◆渡邉ひかる、宮崎理奈、溝手るか、浅川梨奈、内村莉彩がコメント

公式サイトには、5人それぞれのコメントも発表され、渡邉は「自分も一期生として約8年半活動していく中で渡邉ひかるとして、一歩踏み出して挑戦したい、試してみたい、という気持ちが強くなり、20代前半最後の今、こうした決断をしました」といい、グループのリーダーである溝手は「これは、“リーダーなのに”ではなく、私なりの“リーダーだからこそ”の決断です」と強い決意を示した。

内村は「『もっと広い世界を見てみたい。自分の知らない事・感情をもっと知っていきたい』この想いが、卒業を決めた大きな要因です」と卒業に至った理由を説明し、宮崎は「『結成10周年までスパガ』その気持ちだけでここまでやってきましたが、それを果たすことが出来なくてごめんなさい」とファンにメッセージ。

そして、グラビアや女優としても活躍する浅川は「スパガの為に捧げてきた10代、終止符は誰かに打たれるのではなく自分で打ちたい。20代は自分の為に生きていきたいと思いこの決断をしました」と思いを明かしている。

◆SUPER☆GiRLSとは

SUPER☆GiRLSはエイベックス初のアイドルグループとして、2010年6月に結成。同年12月にアルバム『超絶少女』でデビュー。卒業、加入を経て、現時点で3期メンバーまでが所属している。(modelpress編集部)

■渡邉ひかるコメント全文

応援してくださるファンの皆さん、そしてSUPER☆GiRLSに関わって下さっている全ての皆さん、いつも応援ありがとうございます。

私、渡邉ひかるは1月のライブをもちまして、SUPER☆GiRLSを卒業することになりました。

急なお知らせになってしまい、驚かせてしまい申し訳ありません。12人で始まったグループも出会いや別れを経験して形を変えながら今のSUPER☆GiRLSが存在しています。気がつけば自分も一期生として約8年半活動していく中で渡邉ひかるとして、一歩踏み出して挑戦したい、試してみたい、という気持ちが強くなり、20代前半最後の今、こうした決断をしました。また、別の道を歩んでいくことになりますが、ぜひSUPER☆GiRLSを、そして渡邉ひかるをこれからもよろしくお願いします。

渡邉ひかる

■宮崎理奈コメント全文

私、宮崎理奈はSUPER☆GiRLSを卒業します。

「みんなで育てるアイドル」として始まったスパガを、何もかも未熟だった私を、ここまで育てて下さりありがとうございます。

育ててもらう立場から、後輩を育てる立場になり、巣立つ立場になってしまいました。

大好きで大好きでたまらないSUPER☆GiRLSにいることが当たり前で、スパガでいる時間が何より幸せで、今までの私の人生の全部がスパガだと言っても過言ではありません。

スパガがこんなにも沢山の仲間に恵まれ、沢山の方々に愛していただき、沢山の夢を見ることが出来るなんて8年前は想像もつきませんでした。

人はこんなにも温かくて素敵なものなのだと何度感じたことか。

だけどずっとスパガに甘えてはいらない。

しっかり自分の足で立つために必ず通らなければならない「卒業」。

「結成10周年までスパガ」その気持ちだけでここまでやってきましたが、それを果たすことが出来なくてごめんなさい。

スパガが新しく生まれ変わろうとしている今、 このグループなら大丈夫、このメンバーなら任せられる、自分が出来ることは新しく入る新メンバーにも沢山のチャンスや未来を見せることだと感じ、卒業を決意しました。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、私の出来ることはもうやりきりました!

最高に楽しくて、最高にみんなが大好き。

スパガの歴史を守ることしか出来なかったけど、これからは新たな歴史を作り出すスパガを1番のファンとして見届けたいと思います!

残りのスパガ人生、全身全霊私の全てを捧げて少しでも何かを残せたらなと思います。

今まで沢山の愛をありがとうございます!

感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に、私のわがままを聞いて下さい。

これからもずっと、スパガを応援して下さい。

よろしくお願いします。

宮崎理奈

■溝手るかコメント全文

いつもSUPER☆GiRLSを応援して下さるファンの皆様、そして関係者の皆様へ。

2019年1月11日をもちまして、渡邉ひかる、宮崎理奈、浅川梨奈、内村莉彩、そして私、溝手るかの5人がSUPER☆GiRLSを卒業致します。突然のお知らせとなってしまい、申し訳ございません。メンバーそれぞれがグループの未来と自分の将来と向き合い、沢山悩んで出した結論です。

私は、昨年の6月17日にSUPER☆GiRLS 4代目リーダーに就任し、みんなを最高の景色が見える場所まで連れて行くことを目標に進んできました。あの日、口にした自分の気持ちに嘘はありません。しかし、結果的に約束を果たせず、メンバーのみんなにもファンの皆様にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

2020年に迎える結成10周年に向け、更なる飛躍を目指して掲げた"SUPER☆GiRLS 再加速宣言"。グループをもっと上のステージに連れて行きたいという思いとは裏腹に、いつしかSUPER☆GiRLSの未来の中に自分の姿を上手に想像できなくなってしまいました。リーダーという立場だからこそ、卒業という決断に至るまでに、様々な思いが交差して何度も悩みました。これは、“リーダーなのに”ではなく、私なりの“リーダーだからこそ”の決断です。

約8年半、沢山の方に支えられ、沢山の愛を貰い、実りある幸せな時間でした。
SUPER☆GiRLSのメンバーとして過ごせる時間は残り数ヶ月ですが、グループの未来のために最後に自分ができることを考え、全うします。そして、今まで支えて下さった全ての方々への感謝の気持ちを持って、大好きなメンバーと大好きなファンの皆様との一瞬一瞬を大切に過ごしたいと思います。5人は卒業しますが、SUPER☆GiRLSの未来はまだまだ続きます。皆様にはこれからも温かく見守っていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

溝手るか

■浅川梨奈コメント全文

私、浅川梨奈はSUPER☆GiRLSを卒業します。

私の全てを形成してくださったヤングマガジンさんで発表させて頂けた事、心から感謝致します。

スパガが好きでアイドルになりました。

私の10代の記憶はどんな時もスパガです。

スパガの為に捧げてきた10代、終止符は誰かに打たれるのではなく自分で打ちたい。

20代は自分の為に生きていきたいと思いこの決断をしました。

残りの時間は後輩に少しでも何かを残せるよう全力で努めたいと思っています。

こうめ、隣で支えてあげられなくてごめん。本当にありがとう。

これからのスパガの為にも私に出来る全てを残りの時間で出し切り今まで以上に大切に過ごしていきたいと思います。

今後ともSUPER☆GiRLSの応援をよろしくお願い致します。

浅川梨奈

■内村莉彩コメント全文

内村莉彩は、1月11日のワンマンライブをもちましてSUPER☆GiRLSを卒業いたします。

この決断を下した時、一番最初に頭を過ぎったのはファンの皆様でした。

そんな大切な皆様を、突然の発表で驚かせ・悲しませてしまい、大変申し訳なく思っています。

私は小学6年生でiDOL Streetに加入し、ストリート生・GEMスターティングメンバーを経験し、スパガに中学1年生の時に加入しました。

そして高校3年生となった今、沢山のタイミングが重なり、卒業という道を歩む事となりました。

『もっと広い世界を見てみたい。自分の知らない事・感情をもっと知っていきたい』この想いが、卒業を決めた大きな要因です。

残り長いようで短い時間ですが、

最善を尽くし、皆様に楽しんで頂けるよう活動します。

応援よろしくお願いいたします。

内村莉彩

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)