草なぎ剛、中居正広から「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞の祝福 “間違い電話”も明かす

草なぎ剛、中居正広から「日本アカデミー賞」最優秀主演男優賞の祝福 “間違い電話”も明かす

草なぎ剛(C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/19】俳優の草なぎ剛が、18日放送の日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」(毎週日曜よる9時〜)に出演。「第44回日本アカデミー賞」で最優秀主演男優賞を受賞した際、中居正広から祝福の連絡があったことを明かした。

◆草なぎ剛、トランスジェンダー役を振り返る

同番組には7年ぶりの出演となる草なぎ。「久しぶりなのですごく緊張してます」と明かしながら、映画「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダーという難しい役柄を演じたことについて聞かれると「なんかできちゃったんですよね〜」とニッコリ。

「トランスジェンダーとして泣く」という演技の難しさについても「なんかできちゃったんですよね。テストとか無くて、間違ったらもう1回やればいいんじゃないかみたいな感じだったので…」と語り、意外にも役作りには苦労しなかったことを明かした。

◆草なぎ剛、中居正広からも祝福

受賞の際には、「1年に3回くらい」しか連絡をくれない稲垣吾郎からも久しぶりに連絡があり、電話で「おめでとう」と言われたそう。また香取慎吾は「わざわざ会いに来てくれて、家まで来てくれて『おめでとう』って言うだけで」と自宅まで祝福の言葉を伝えに来てくれたのだという。

さらに、中居からの連絡も「実はありました」とのこと。「おめでとう」と中居からも祝福されていたことを明かした。

◆草なぎ剛、SMAPデビュー当時を回顧

一方、中居からは「最近間違い電話がかかってきた」そうで「なんかあったんじゃないかと思って慌ててたんですけど、ちょっと酔ってて。『間違えて押しちゃったわ〜』って、それで切れました」と中居のおっちょこちょいぶりを暴露する場面も。

また、司会の東野幸治から「SMAPは1番最初売れてなかったって、中居くんが良く言う」とトークの中でふられると、うなずきながら「オリコン1位がとれなかった。10枚くらい出してもとれなかったんですよ」と、SMAP結成時を懐かしそうに語った。ジャニーズとしてはかなり異例なことだったというが、本人は当時焦りもなく、「何にも考えてなかった。『楽しいな〜!そのうち1位になれるんじゃないかな〜』(っていう感じ)」と楽観的だったことも振り返った。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×