“TikTok女性日本一”景井ひな、新人賞受賞で今後の目標は?「やれることは全部やりたい」<第26回AMDアワード>

“TikTok女性日本一”景井ひな、新人賞受賞で今後の目標は?「やれることは全部やりたい」<第26回AMDアワード>

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'20/第26回 AMDアワード」授賞式に出席した景井ひな (C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/21】タレントの景井ひなが21日、都内にて、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'20/第26回 AMDアワード」の授賞式に出席した。

◆“TikTok女性日本一”景井ひな、新人賞受賞

優れたデジタルコンテンツ等の制作者を表彰する同アワード。TikTokフォロワー数620万人で女性日本一を誇る景井は江並直美賞(新人賞)を受賞した。

景井は、「そうそうたる方々と一緒に選んで頂いたことが嬉しいです」とにっこり。「(受賞スピーチでは)頭が真っ白になってしまって、(ステージに)上がって自己紹介をしたあと、すぐにカンペを開いて読んでしまったので、そこがダメだったなと思って反省しています」と茶目っ気たっぷりに言葉にした。

日本女性でフォロワー数1位になったことについては、「日本一という自覚がまったくなくて、『フォロワーの方が増えたからといって生活が何か変わったか?』と言われたら、特に(変わったことは)ないので、あまり実感はないです」とコメント。ただ、「途中からは、『TikTokを極めたい』、『やるんだったら一番になりたい』と思って、『まずは、女性の中で一番になろう』という目標はあったので、1位になれたときはすごく嬉しかったです」と振り返った。

毎日、TikTokを更新しているという景井は、自身のTikTokアカウントの強みを、様々なジャンルの動画などに挑戦している幅広さといい、今後挑戦してみたいことを尋ねられると、「今後やっていきたいこと…といいますか、やれることは全部やりたいなと考えています」と声を弾ませた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×