JO1佐藤景瑚、衝撃の浪費家ぶり告白「5〜10万のTシャツを買う」

JO1佐藤景瑚、衝撃の浪費家ぶり告白「5〜10万のTシャツを買う」

佐藤景瑚(C)日本テレビ

【モデルプレス=2021/05/04】グローバルボーイズグループのJO1の佐藤景瑚が4日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜よる7時56分〜)に出演する。

今回は、「浪費家芸能人 VS 倹約家芸能人 大激突SP」。浪費家の岡田結実、草野華余子、佐藤、本並健治、村上(マヂカルラブリー)、ゆいP(おかずクラブ)と倹約家のウエンツ瑛士、須田亜香里(SKE48)、DJ松永(Creepy Nuts)、中川翔子、橋本マナミ、野田クリスタル(マヂカルラブリー)が激論を交わす。

◆ウエンツ瑛士、猛反論「計算して正しく生きている」

オープニングでさんまは倹約家に向かって「羨ましいんやろ。お金を使うのが怖いから」と言うと、ウエンツが「計算して正しく生きている」と猛反論。ゆいPの「夢がない」という指摘には須田が「コツコツ丁寧に生きていくのが日々の幸せになる」と言い返す。

最初のトークテーマ「自分でもちょっと変だと思う私の金銭感覚」では、中川の「よく知らない後輩におごるのが嫌」という主張が論争に発展。“後輩におごる”という吉本ルールに「さんまさんのせい」(中川)、「自分のために使いたい」(須田)、「奢られている人が調子に乗る」(橋本)など、倹約家たちから不満が続出する。さらに野田とDJ松永からさんまに「『周りは自由にしろ』って言ってほしい」というお願いも。

◆佐藤景瑚、衝撃の浪費家ぶりにウエンツ瑛士が説教

「ファッションが好きで、最先端のものがほしい」というJO1の佐藤は、「平気で5〜10万のTシャツを買う」と告白。これに、「服は時期をずらして買ったほうが安い」と豪語するウエンツは「誰が着るかで価値が変わる!」と佐藤に説教をし始める。

元サッカー日本代表の本並健治はスポーツ選手らしく「試合に負けた日の服は着ない」という験を担いでいるとのこと。さらに、「怪我をしたら車を買い替える」ということも決めており、今の車が「58台目」と明かすと、スタジオ中が驚愕してしまう。また、村上の「給料日の前の日までにすべてのお金を使い切る」という浪費ぶりに、相方の野田はイライラ。「長い間、親から仕送りをもらっていたからなんとかなると思ってる」と注意し、さらに村上が「“地元の市議会議員”を目指している」と怒りだす。

◆佐藤景瑚「靴下は3回履いたら捨てる」

続くトークテーマ「私の周りの浪費家・倹約家すぎて引いたこと」では、“パンツ”と“靴下”をめぐってまたも大論争。「靴下は3回履いたら捨てる」という佐藤に対して、須田と中川は「10年履いている」「捨てるのがかわいそう」と意見を戦わせる。

そのほか、御殿初登場の佐藤がさんまから初登場の洗礼を受ける場面や、本並が妻・丸山桂里奈のおかしな行動を明かすトークも展開される。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×