三代目JSB登坂広臣、グループとソロの違い明かす「エゴを100%以上出して」

三代目JSB登坂広臣、グループとソロの違い明かす「エゴを100%以上出して」

登坂広臣(C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/05/11】三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣が11日、日本テレビ系情報番組「ZIP!」(月〜金曜、あさ5時50分〜)にVTR出演。ソロでミニアルバム「ANSWER... SHADOW」を12日発売するということでソロとグループ活動の違いを語った。

◆登坂広臣、ソロ活動は「エゴを100%以上」

「グループの時はエゴの出し方を考える」という登坂。グループ活動の際「あんまり自分のエゴを押し付けすぎてもなと思うし、出さなすぎるのもあれだし」と自分の出し方に慎重になっている一面を明かした。

対してソロでの活動は「自分のやりたい音楽、表現したいものっていうことをエゴを100%以上出して作れる」とのこと。また「ソロの活動だと楽屋も広いし」と笑いを誘った。

◆登坂広臣、自身の陰な一面を明かした

アーティスト活動においての陰の部分を表現した楽曲もある今回のアルバム。

「ソロでドームのライブもやらせていただいたりしたんですけど、たくさんの歓声を送ってくださったりとかスポットライトを浴びれば浴びるほど、満たされない部分もあるなっていう、心が。虚無感というか」と自身の陰の部分を明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)

×