兵頭功海、1000名超のオーディション勝ち抜き掴んだ映画初主演への思い 即興で披露したものとは?<「消せない記憶」インタビュー>

兵頭功海、1000名超のオーディション勝ち抜き掴んだ映画初主演への思い 即興で披露したものとは?<「消せない記憶」インタビュー>

兵頭功海(提供写真)

【モデルプレス=2021/08/02】俳優の兵頭功海(ひょうどう・かつみ/23)が映画「消せない記憶」(2022年公開予定)の主演を務めることが1日、発表された。モデルプレスでは兵頭にインタビューを実施し、初主演の意気込みやオーディションでのエピソードなどを聞いた。

兵頭は「恋愛ドラマな恋がしたい」(18/ABEMA)、「騎士竜戦隊リュウソウシ?ャー」(19-20/テレビ朝日系)カナロ/リュウソウコ?ールト?役で注目を集め、昨年はドラマ「片恋グルメ日記」(TOKYO MX)、「社内マリッジハニー」(MBSほか)などに出演した注目の若手俳優。今年に入ってからは「ブラックシンデレラ」(ABEMA)、「DIVE!!」(TX)と立て続けに出演。今回は、1000名以上に及ぶ公募オーディションにより選抜されたという今作への思いや役作りの裏側などについてインタビュー。まだ撮影は行われていないというが、兵頭からはこの作品に対する熱い思いが伝わった。

◆「消せない記憶」ストーリー

路上ミュージシャン・神崎優衣と舞台俳優・?潤一は路上パフォーマンスを通じて出会い、惹かれ合う。二人の交際は順調に進んでいるかに思えたが、次第に西の様子がおかしくなり、失踪する。?の行方を探して2年が過ぎたある日、優衣は「?の記憶を預かっている」との手紙を受け取る。“記憶の上映会”を訪れた優衣は、?が抱えていた秘密を知る。

◆兵頭功海、オーディション秘話明かす

兵頭は、実際に今作の脚本を使用し行われたというワークショップ形式のオーディションについて「台本のお芝居とは別に、自分を魅力的に魅せられる内容か、過去の経験から一人芝居をするという課題がありました」と回顧。印象的だったことを問うと「僕は高校野球の時を活かして、一人芝居をするつもりでした。ですが、会場で他の方の課題発表を見ていたら、ある女の子がギターを弾き語りしていて、いいな!と思ってしまい、一人芝居をやめてその子にギターを借りて僕も急に弾き語りしたことです」と即興で弾き語りを行ったことを明かした。

さらに同作における魅力を「西と優衣の二人がとても愛おしいことかな、と思います。お互いがどこか自分の居場所を探していて、その二人がお互いの心の拠り所になれるような、そんな物語な気がします」と語った兵頭。

そんな西潤一をこれから演じる上で意識したいことはというと「この台本を初めて読んで、西と出会った時に、心情とか台詞とか景色とか匂いが、グッと入ってきた感覚があったんです。あの感覚は大事にして西として生きたいなと思っています」と台本を通して感じたことを大事にしたいと語り「西の真っ直ぐな優しさと正直さは大事にしたいです」と役柄の性格に寄り添いながら演じたいとも意気込んだ。

◆兵頭功海、初主演作へ意気込み

また、兵頭は今作が初主演。その思いを問うと「初主演ですが、普段と変わらず役としっかり向き合う事、僕が西という人物を大切にするという事を、一番大切にしたいと思っています。それがこの映画をより良い作品にできる一番の方法だと思います。そして、園田さんはじめこの映画を作る全ての方と支え合いながら最後まで、走りきりたいと思います!」と前向きにコメントした。(modelpress編集部)

◆兵頭功海(ひょうどう・かつみ)プロフィール

生年月日:1998年4月15日
出身地:福岡県
身長:185cm
体重:65kg
血液型:B型
資格:普通自動車免許
特技:野球・歌・ギター・水泳

2018年、第1回「NEW CINEMA PROJECT」の出演者部門でグランプリを受賞し、映画『五億円のし?んせい』(2019年7月公開)に出演する権利を獲得。その後ABEMA人気恋愛番組「恋愛ドラマな恋がしたい2」に出演し注目を集め、「騎士竜戦隊リュウソウシ?ャー」(19-20/テレビ朝日)にてカナロ/リュウソウコ?ールト?役の出演など幅広く活躍。今後が期待される若手俳優の一人。

【Not Sponsored 記事】

関連記事(外部サイト)