桐谷美玲&山崎賢人の“きゅうり間接キス”が話題「新しい」「初めて見た」

桐谷美玲&山崎賢人の“きゅうり間接キス”が話題「新しい」「初めて見た」

「好きな人がいること」第8話より/画像提供:フジテレビ

【桐谷美玲・山崎賢人/モデルプレス=9月6日】女優の桐谷美玲が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」(毎週月曜よる9時)の第8話が、5日放送された。海辺のレストランを舞台に、ケーキ作りに人生を捧げてきたパティシエのヒロイン櫻井美咲(桐谷)が、イケメン三兄弟の柴崎夏向(山崎賢人 ※「崎」は正式には「たつさき」)、千秋(三浦翔平)、冬真(野村周平)とシェアハウスしながら恋愛模様を繰り広げるロマンチック・ラブ・コメディーとなる今作。第8話で描かれた、美咲と夏向の“きゅうり間接キス”が話題を呼んでいる。

美咲と夏向が、大橋尚美(池端レイナ)プロデュースによるダイニングアウトに提供する、料理のプレゼンに参加することになった第8話。2人で食材を探しに出向いた帰り道、軽トラックの荷台で、夏向がきゅうりを生でかじると美咲は「また食べてる…」とぽつり。夏向はそのまま、食べかけのきゅうりを美咲に差し出し、美咲もそれをかじる“間接キス”のシーンが描かれた。

◆“むにゅキス”からの“間接キス”にファン反応

今作の第1話では、夏向が美咲の頬を片手で“むにゅっ”とつかみ、強引にキスをするシーンが話題を呼んだが、それから2人の距離は縮まり、間接キスもごく自然な流れに。ネット上では視聴者から「今、きゅうりで間接キスした!新しい」「賢人くんと間接キッス…嫌いなきゅうりも食べられそうだ」「夏向のかじったきゅうり普通に食べた!」「きゅうり間接キスとは、初めて見た」など反応する声が続出。

最終回まで残すところあと2話となったが、美咲と夏向の恋の行方とともに、胸キュンシーンにも引き続き注目だ。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)