HKT48宮脇咲良「君の名は。」聖地の階段へ ヒロイン・三葉と同じ場所に立つ

HKT48宮脇咲良「君の名は。」聖地の階段へ ヒロイン・三葉と同じ場所に立つ

映画『君の名は。』の聖地・須賀神社を訪れたHKT48・宮脇咲良/Twitterより

【宮脇咲良/モデルプレス=9月6日】HKT48の宮脇咲良が、大ヒット中の新海誠監督最新作『君の名は。』の聖地とされる東京・四谷の須賀神社を訪れたことを報告。6日、自身のTwitterで明かした。

宮脇は「先日観た『君の名は。』に感動して、聖地と呼ばれる須賀神社へ行ってきました」とツイート。映画で瀧と三葉の2人がすれ違う階段で、真っ赤なワンピースを着てたたずむ姿を投稿した。

透明感あふれる写真も相まって、ファンからは「咲良ちゃんがヒロインみたい」「絵になる」「私も行きたくなりました」など反響。新海監督からのリツイートもあり、宮脇は「嬉し過ぎる。。ありがとうございます!」と喜びをあらわにした。

◆上白石萌音とは幼なじみ「本当に凄い」

また、三葉の声をつとめる上白石萌音は故郷・鹿児島の幼なじみであり「色んな映画に出演していて、本当に凄いなぁ。。」と敬意を込めてつづっている。

同作は東京で暮らす男子高生・瀧(声:神木隆之介)と、山深い田舎町で暮らす女子高生・三葉(声:上白石)が夢の中で“入れ替わる”という不思議な体験をするアニメーション作品。世界の違う2人の隔たりと繋がりから生まれる「距離」のドラマを圧倒的な映像美とスケールで描き、多くの感動を呼んでいる。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)