中村蒼、大東駿介&横浜流星らと“国民的アイドル”結成 主演ドラマ新キャスト発表

中村蒼、大東駿介&横浜流星らと“国民的アイドル”結成 主演ドラマ新キャスト発表

(左から)森永悠希、横浜流星、中村蒼、大東駿介、立花裕大(C)モデルプレス

【中村蒼/モデルプレス=9月17日】俳優の中村蒼が主演を務める、10月8日スタートの新土曜ドラマ24『潜入捜査アイドル・刑事(デカ)ダンス』(テレビ東京系/毎週土曜深夜0:20〜)。今作で“国民的アイドル”を演じる中村のメンバーとして、俳優の大東駿介、横浜流星、森永悠希、立花裕大が出演決定。このほど行われた囲み取材で、意気込みや見どころなどについて語った。

◆中村蒼「過去最速で打ち解けた」

今作は、『勇者ヨシヒコ』『孤独のグルメ』など独自の道を切り開く同局深夜ドラマが仕掛ける“刑事×アイドル”の新感覚コメディー。2016年の芸能界を舞台に、ネットテレビ局の勃興、青春映画ブーム、スキャンダルにネットニュースなど、新しい常識やテレビあるあるを取り上げながら、偽のアイドルグループ「デカダンス」が激動の芸能界を潜り抜け、事件を解決していく様を描く。

この日はクランクインしてからまだ数日だというものの、「わりと早い段階で皆さんと打ち解けられた。僕はなかなかこんなに早く打ち解けることはないんですけど、“過去最速”というくらい共演者の皆さんと打ち解けられて(笑)、楽しくやらせていただいています」と語った中村。大東も「本当に毎日楽しいです!中村くんは最初、完全に心を閉ざす系の人なんだなぁと思っていたのが、初日にして分厚い扉が開く音がして、僕たちは有頂天でした。あとはデカダンスとして売れるだけです」と言って笑わせた。

◆アイドルに向いているメンバーは?大東駿介に注目

5人それぞれの個性も見どころとなっている今作。中村は熱血で真っ直ぐな新人刑事・辰屋すみれ(タツヤ)、大東は女たらしの元詐欺師・黒澤裕也(ユーヤ)、横浜はコミュ障の元引きこもり・堺章吉(ショウ)、森永は売れない元子役・星輝男(テル)、そして立花は能天気な“バカ”出川てつや(D)を演じるが、アイドルの素質が一番あると思うメンバーを問われると、中村、横浜、立花からの票が集まった大東が1位に。

驚きを隠せない大東に、立花から「プロデュースまで自分でできちゃうくらいの対応力を感じさせる」と太鼓判が押されると、「仮にバラエティーのプロデュースと考えた時に使いたいアイドルは蒼くん!」と中村を指名した大東。「沸点が低いけど、実は何でもやってくれる。みんなでアイドル的なポーズを研究していた時も、一番頑張って顔に手を添えたりしていたら最終的に(自分の)首を絞めてた(笑)」と“ド天然”な主役の一面を明かし、笑いを誘っていた。

このほか今作には、近藤芳正、野間口徹、福地桃子、青山美郷が出演する。(modelpress編集部)

■『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』あらすじ
物語の主役は芸能界で起きている事件を解決するために場当たり的に組まされた潜入捜査アイドル【デカダンス】――。新人刑事の辰屋(タツヤ)は刑事ドラマに出てくるような熱血刑事になることを夢見ていた。しかし、上司からの初命令は“事件捜査のためアイドルとしてある番組に潜入すること”だった…しかも、急遽組んだメンバーは元詐欺師・売れない子役・コミュ障の引きこもり・超バカなバイトなど、個性豊か過ぎる面々…。最初は芸能界という特殊な世界に戸惑い衝突しながらも、事件を解決するたびに何故か売れていってしまう「デカダンス」。そして、徐々に増してくるアイドルとしての自覚!!背後には謎の巨悪が!なぜか感動のステージも待っている!

関連記事(外部サイト)