渡辺麻友&柏木由紀&横山由依、AKB48“9年目”で心機一転「雰囲気が変わった」「新鮮な気持ち」

渡辺麻友&柏木由紀&横山由依、AKB48“9年目”で心機一転「雰囲気が変わった」「新鮮な気持ち」

『AKBINGO!』がリニューアルでメンバー心機一転/(左から)柏木由紀、渡辺麻友、横山由依(C)モデルプレス

【渡辺麻友・柏木由紀・横山由依/モデルプレス=9月12日】AKB48のバラエティ番組『AKBINGO!』(毎週水曜午前0:59〜/日本テレビ系)がリニューアルされ、このほど公開収録が行われた。収録後AKB48の渡辺麻友、柏木由紀(AKB48兼NGT48)、横山由依、2代目MCのウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス)らが取材に応じ、放送開始から9年目を迎える同番組への思いを語った。

昨年12月8日に東京・秋葉原の劇場がオープンしてから10年の節目を迎えたAKB48。グループ唯一の地上波冠番組である『AKBINGO!』も9年目となる今年、6月28日のオンエアをもって、MCがバッドボーイズ(大溝清人・佐田正樹)からウーマンラッシュアワーへと引き継がれた。

◆リニューアルで心機一転

今回のリニューアルに際し、総監督の横山は「心機一転ということでMCの方がウーマンラッシュアワーさんに代わったんですけど、番組の雰囲気が少し変わったな、という気がしていて、なんか1人1人が喋りやすい場をより作って頂いてる気がしますね」と感想。「以前も『AKBINGO!』ってすごく無茶ぶりとかが多くて、ギャーギャー騒がないとダメなのかなっていう感じでスタジオに来てたんですけど、今は落ち着いてても話を振って頂けるような感じは新しいかなと思うので…そういうところは変わったのかなと思う。11年目のAKB48の新しいものをお見せできるのかなと感じています」と語った。

渡辺も「MCさんが代わるだけで番組の雰囲気も新しくガラッと変わって」と気分が新たになった様子で「徐々にメンバーも新しい環境に慣れてきて、それぞれのびのび収録してる感じで楽しくやってます」とリニューアル後の雰囲気を明かした。

また「MCの2人が代わってから『AKBINGO!』の今までの良さを残しつつ、いい感じに変わっていくそのバランスが、すごく(収録を)やってて嬉しいなとかやりやすいなとか思う」と語った柏木は「前はバライティの企画に助けてもらってたのが、リニューアルしてからはメンバーが持ってるものだったりメンバーの個性を引き出してくれるような企画とかもたくさんあって」と変化を紹介し「私も『AKBINGO!』とかじゃないと体を張ってすることもあんまりなくなったので、そういう意味では『AKBINGO!』に来ると新鮮な気持ちで楽しませてもらってます」と笑顔を見せた。

◆新MC・ウーマンラッシュアワーも意気込み「毎回炎上」

また今回、新MCに抜擢されたウーマンラッシュアワーの2人。「最初は女子校みたいな感じでキャピキャピしてて、騒いでるだけなんかなって勝手にイメージを持ってたんですけど」という中川だが「いろいろ話していくうちにみんなキャラもあって考えてることも違うし、掘り下げれば掘り下げるほど、スルメと一緒で味が出てくるというか…本当にやってて楽しいな」と手応えを感じている様子。

一方“ゲス”な司会ぶりにすでに反響が寄せられている村本は「僕はねぇ、この番組やってからただでさえ(SNSが)炎上してるのにね、毎回炎上するようになってるんですよ」と告白。「ほんまにコメント欄に“死ね”が書いてあったら『あ、もう火曜日(放送日)か』『炎の火の火曜日か』っていうくらいになってきたんでね。ぜひ僕のコメント欄を見てもらいたい」と“村本節”を炸裂させ、会場を笑わせた。

このほか、向井地美音、岡田奈々、小嶋真子、加藤玲奈、込山榛香、川本紗矢、西野未姫、大和田南那、谷口めぐ、中西智代梨、小嶋菜月、倉野尾成美、伊豆田莉奈、坂口渚沙、小栗有以、早坂つむぎが登壇した。

◆AKB最強彼女クイーンは誰?

この日の収録では「私、こんないい彼女になれます」をテーマに、恋愛禁止のアイドルAKB48がアドリブ芝居で最高の彼女っぷりを披露。彼氏との様々なシチュエーショにおける対応力が見どころとなっている。またチャレンジメンバーのガチな私服にも注目だ。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)