吉高由里子「タラレバ」で2年ぶりドラマ主演 発表直前に意味深ツイート「受け入れてほしいんだ」

吉高由里子「タラレバ」で2年ぶりドラマ主演 発表直前に意味深ツイート「受け入れてほしいんだ」

『東京タラレバ娘』で主演をつとめる吉高由里子(C)モデルプレス

【吉高由里子/モデルプレス=9月8日】女優の吉高由里子が、2017年1月スタートの日本テレビ系水曜ドラマ『東京タラレバ娘』で主演をつとめることが8日に発表された。吉高にとって、NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年上半期放送)以来2年ぶりのドラマ主演となる。

東村アキコ氏の人気マンガが原作。30歳、独身、売れない脚本家の鎌田倫子(かまたりんこ/吉高)とその友人たちが幸せを求めて恋に仕事に悪戦苦闘する姿を描く物語。「キレイになっ“たら”もっといい男が現れる!」「好きになれ“れば”ケッコンできる!」といった不毛な会話ばかり繰り返す女子を一刀両断、心に容赦なく突き刺さるリアルなストーリーで人気を博している。

◆意味深ツイート「黙ってた事があるんだ」

吉高は発表直前の深夜、Twitterで「突然だけど黙ってた事があるんだ 何時間後かには知る事になると思うんだけど その頃私は他人事のようにぐっすり寝てると思うんだけど これは本当の事なんだ」と意味深ツイート。「それを知って驚いても悲しんでも嫌がっても喜んでも受け入れてほしいんだ 頑張るからもしよければ応援してほしいんだ」と久々のドラマ主演、さらに人気マンガの実写化に対する不安ともとれる心境をつづっていた。

発表を受けて、ネット上では「タラレバ実写化きたあああああ」「漫画でいつも心えぐられてるからドラマも楽しみ」「吉高さん主演でなお嬉しい」など大きな反響。吉高のTwitterにも「結婚かと思ったよ(笑)ドラマ主演おめでとう!」「もちろん応援します」「来年の楽しみが増えたよ」など激励の声が寄せられている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)