新川優愛“いつもの夏と違った”体調管理法 スタイルキープ、夏の思い出も語る「私も負けてられない!」

新川優愛“いつもの夏と違った”体調管理法 スタイルキープ、夏の思い出も語る「私も負けてられない!」

モデルプレスのインタビューに応じた、新川優愛(C)モデルプレス

【新川優愛/モデルプレス=9月12日】女優の新川優愛が3日、さいたまスーパーアリーナにて開催されたファッションフェスタ「第23回 東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。

「EGOIST」ステージのトップバッターを飾った新川は、赤ニットにヒョウ柄のタイトスカートを合わせた大人なコーディネートで登場。黒ハットやチョーカーがポイントとなっており、笑顔を見せると会場からは大歓声が上がった。

そして「BE RADIANCE」ステージのトリでは打って変わって、真っ白なコートに身を包んだ可憐な姿でランウェイ。花束にも負けぬ輝きと美しさを放ちながら、スラリと伸びた美脚を披露し、観客を魅了した。

― ステージの感想からお願いします。

新川:楽しかったです。なかなかテレビのお仕事だけだとみんなの反応ってわからないのですが、ファッションショーはみんなの笑顔が見られたり、「優愛ちゃん!」って名前を呼んでくれたり、いろいろとダイレクトに伝わってくるので、いつも元気になります。

― 今着ているコーディネートのポイントを教えてください。

新川:秋冬なのでファー素材かな。今年は特にファーサンダルとかもあるくらいなので、ファーをモチーフにして女の子らしさを出すファッションは気になっています。プライベートではこれまでに、なかなか着ない感じではありますが、機会があれば挑戦してみたいなと思いました。

― 秋冬ですでに買ったアイテムは?

新川:プリーツスカートやショートブーツ、色もネイビーやボルドーで少しスモーキーな色など、大人っぽいアイテムを多く買いました。

― 最近、スタイルキープで心がけていることはありますか?

新川:夏はなるべくお家でエアコンをつけない生活にしました。季節に逆らわず、汗をちゃんとかく。またその上で熱中症にならないように水分はきちんと摂りました。これから少しずつ涼しくなっていったら、ジムに行きたいなと思っています。

― 食事は何か気をつけていますか?

新川:冬はお野菜を多く食べますが、夏は夏バテしないようにお肉をたくさん食べるようにしました。あとお米は玄米にしています。それがよかったのか、今年の夏は体調を崩すことなく、元気に過ごすことができました。

― この夏、プライベートでの思い出はありますか?

新川:お仕事の関係もあって、しばらく親戚の集まりに行けていなかったんですけど、今年はお盆に実家(埼玉県)に帰って、久しぶりにいとこたちに会いました。そしたら幼稚園の子も小学生の子も、すごく大人になっていて。子どもの成長は早いなって思いました。小学生なのに私の身長を抜かしそうなんです。私も負けてられない!(笑)

― 今年も残り4ヶ月。プライベートでも仕事でも今年中にやっておきたいことは?

新川:毎日楽しく過ごせたら十分です。日々100%の力を注ぎ込んでお仕事をして、お家に帰った時に「今日も本当に頑張った」って自信を持って言えるような毎日になればいいなって思います。

(modelpress編集部)

■新川優愛(しんかわ・ゆあ)プロフィール
生年月日:1993年12月28日/出身地:埼玉県/血液型:O型/身長:166cm

小6で現事務所に所属し、2011年8月には集英社「ミスセブンティーン2011」に選ばれ、同誌10月号より15年6月号まで専属モデルとして活動、15年8月号から『non‐no』専属モデルに加入した。女優としては『35歳の高校生』(13)、『水球ヤンキース』(14)、『銭の戦争』(15)、『恋仲』(15)、『青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜』(15)、『お義父さんと呼ばせて』(16)、『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』(16)、映画『今日、恋をはじめます』(12年)、『アオハライド』(14年)、『全員、片想い』(16年)などに出演。情報バラエティ『王様のブランチ』(TBS系/毎週土曜 前9:30)のMCを務めるなど多岐にわたって活躍する。

関連記事(外部サイト)