日本一のイケメン高校生を決めるミスターコン【九州・沖縄地方予選/グランプリ&準グランプリ決定】

日本一のイケメン高校生を決めるミスターコン【九州・沖縄地方予選/グランプリ&準グランプリ決定】

日本一のイケメン高校生を決めるミスターコン<九州・沖縄地方予選/グランプリ梶原大和くん(右)&準グランプリ藤村悠大郎くん(左)>(C)モデルプレス

【男子高生ミスターコン/モデルプレス=9月11日】“日本一のイケメン高校生”を決める「男子高生ミスターコン2016」の全国ファイナリスト発表イベントが11日に行われ、「九州・沖縄地方」のグランプリ・準グランプリが決定した。

「男子高生ミスターコン2016」は、全国6エリア(「北海道・東北」「関東」「近畿」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」)にわたって展開。「九州・沖縄地方」は梶原大和(かじわら・やまと)くんがグランプリ、藤村悠大郎(ふじむらゆうたろう)くんが準グランプリを見事受賞した。

梶原くんは「本当ににびっくりです」と信じられないという表情を見せながらも、「みなさんが応援してくれたからここまで来れました。応援してくれた人に感謝したいです。ありがとうございます」と堂々と正面を向いて、感謝の思いを語った。

2人は12月18日、東京・品川グランドホールで行われる「男子高生ミスターコン2016」全国ファイナル審査に進む。

◆グランプリ「梶原大和」受賞コメント&自己PR

<受賞コメント>
本当ににびっくりです。みんなよりも髪の毛もセットもできていないので…。みなさんが応援してくれたからここまで来れました。応援してくれた人に感謝したいです。ありがとうございます。

<自己PR>
自分は何もできないので夢を語ります。僕は、小さいことから洋服の雑誌を見ていて、モデルになりたいと思っていて、その夢を一度も諦めたことはありません。今回、モデルになれるチャンスだと思ってエントリーしました。誰にも負けない自信があるので、応援よろしくお願いします。

◆準グランプリ「藤村悠大郎 」受賞コメント&自己PR

<受賞コメント>
1番になりたかったので悔しいですけど、全国の切符は手に出来たので嬉しいです。全国は絶対1位を捕れるように頑張ります。

<自己PR>
特技は、バク転が出来ます。スティッチのモノマネも出来ます。(モノマネ、バク転を披露)

◆“日本一のイケメン高校生”をかけて最後の戦いへ

今回決定した「全国ファイナリスト」14人は「OCEANTOKYO」完全バックアップによる自分磨きなどを経て(※AbemaTVにて活動の模様を放送)、12月18日、東京・品川グランドホールで行われる「全国ファイナル審査」に集結。そこでついに“日本一のイケメン高校生”が決定する。

◆「男子高生ミスターコン2016」とは

みんなで選ぶ「にほんいち、かっこいい男子高生」をコンセプトに、全国規模で開催される男子高生限定のコンテスト。昨年より規模が日本全国に拡大し、初代“日本一のイケメン高校生”には、茨城県出身の若槇太志郎が選ばれた。同系列のコンテストでは過去に雑誌『SamuraiELO』で活躍中の笹森裕貴や小林佑弥、『Popteen』で活躍中の池田翼らを輩出している。

今回グランプリを獲得すると、大手事務所所属の権利や賞金100万円だけでなく、「OCEANTOKYO」の専属モデル「OCEANS STAR」になれる権利や、ファッションブランド「SPINNS」や人気フレグランスブランド「RISINGWAVE」のイメージモデルになれる権利が付与される。(modelpress編集部)

※「男子高生ミスターコン2016」に関する問い合わせは下記メールアドレスまで
contact@dkmrcon.jp

■『男子高生ミスターコン2016地方予選』投票サイト

関連記事(外部サイト)