二階堂ふみ、博多大吉は「すごく素敵な方」コンビネーションをアピール

二階堂ふみ、博多大吉は「すごく素敵な方」コンビネーションをアピール

「デザイン・コードSP〜話題のモノに秘められた深すぎる物語2016〜」でナビゲーターをつとめる二階堂ふみ(C)テレビ朝日

【二階堂ふみ/モデルプレス=9月13日】女優の二階堂ふみがテレビ朝日系で16日に放送される「デザイン・コードSP〜話題のモノに秘められた深すぎる物語2016〜」(よる11時15分〜)でナビゲーターをつとめる。

同番組は、いつも目にする企業ロゴやパッケージ、乗り物や文房具など、身の回りに溢れるものの“デザイン”に着目し、そこに秘められた深い物語を紐解くことで、普段見慣れた景色を一変させる知的エンターテインメント番組。先日、収録が行われ、ナビゲーターを務める二階堂が見どころを語った。

◆デザインに隠された秘密

今回の1時間スペシャルは、今年話題を集めた出来事や商品を“デザイン”という視点から見つめてみようという特別企画。リオデジャネイロ五輪や、多くの人に愛される国民食、さらにはスクープ連発で世間を騒がしてきた話題の週刊誌まで、2016年に注目された出来事や商品のデザインに隠された意外な秘密に迫る。

◆2020年東京五輪公式エンブレムをデザインした野老朝雄が登場

また、2020年東京オリンピック、パラリンピックの公式エンブレムを制作した野老朝雄氏の独占取材にも成功。4月のエンブレム決定以来、初めてテレビ番組の単独取材に応じた野老氏が、同番組だけに五輪エンブレム誕生の秘話を語る。また、野老氏の仕事場にも潜入取材した。

さらに、野老氏に番組のタイトルロゴのデザインも依頼。野老氏がテレビ番組のロゴを初めて制作した。

◆二階堂ふみが感激

収録では、ナビゲーター役の二階堂が“天の声(ナレーター)”を担当する博多大吉(博多華丸・大吉)と、にぎやかにやりとりを繰り広げながら、番組を進行。女優だけでなくバラエティー番組出演や小説執筆、人気ファッションブランドとのコラボなど多才ぶりを発揮している二階堂は改めてデザインの奥深さに触れ「日頃、気にしていなかったところにも、デザインされた方々の思いがたくさん込められていることを知って、すごく興味深いなと思いました。デザインのことを、もっともっと知っていきたい!」と、すっかりデザインの世界に魅せられた様子だった。

また、博多大吉については「すごく素敵な方」だといい「今回は“天の声”として見守ってくださったおかげで、とてもリラックスして収録に参加できました!」とコメント。「デザインとは関係ない会話もしているのですが、そんな2人のトークもデザインの面白さと一緒に楽しんでいただけたらうれしいです!」とコンビネーションの良さをアピールした。(modelpress編集部)

■二階堂ふみ コメント

今回ナビゲーターを担当させていただいて、日頃、気にしていなかったところにも、デザインされた方々の思いがたくさん込められていることを知って、すごく興味深いなと思いました。デザインに隠された意味を知ることで面白さが増していくものも多々あって、もっともっとデザインのことを知りたいなとも思いました!

野老朝雄さんが手がけた新しい番組ロゴは、ご本人もシンプルさを心がけたとおっしゃっていましたが、ただシンプルなだけではなく、幅広い層の皆さんが興味を持ってくださるようなデザインになっているなと感じました。とても素敵なタイトルロゴだと思います!

デザインは簡単に創造できないものだからこそ、その作業はものすごく大変だと思いますが、作り手の“思い”が言葉ではない部分で表現されるものなので、全世界の人々に平等なものだなと改めて感じました。

博多大吉さんはものすごく素敵な方で、今回は“天の声”として見守ってくださったおかげで、とてもリラックスして収録に参加できました!デザインとは関係ない会話もしているのですが、そんな2人のトークもデザインの面白さと一緒に楽しんでいただけたらうれしいです!

関連記事(外部サイト)