江野沢愛美、抜群のスタイルを保つ“心がけ” 今したいこと、夏の思い出も明かす

江野沢愛美、抜群のスタイルを保つ“心がけ” 今したいこと、夏の思い出も明かす

モデルプレスのインタビューに応じた、江野沢愛美(C)モデルプレス

【江野沢愛美/モデルプレス=9月13日】モデルで女優の江野沢愛美が3日、さいたまスーパーアリーナにて開催されたファッションフェスタ「第23回 東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。

― ステージの感想からお願いします。

江野沢:名前のボードを持ってくれている子がたくさんいて嬉しかったです。

― 今着ているコーディネートのポイントを教えてください。

江野沢:ハイウエストのワイドパンツ。カーキのこういうボトムはあまり履かないので新鮮です。

― プライベートでは最近、どのような服を着ていますか?

江野沢:ガーリーだけど少しどこかにエッジが効いているようなコーディネートをよくします。

― 秋冬ですでに買ったアイテムは?

江野沢:ベレー帽が大好きすぎて、毎年買っているんですけど、今年は特に気になるものが多くて、展示会でも5個くらい買いました。ベレー帽は自分の好きなスタイルにも合わせやすいんです。

― 最近、スタイルキープで心がけていることはありますか?

江野沢:普段からあまり体型が隠れるような服は着ないようにしています。上にパーカのようなゆったりしたものを着れば、脚は絶対に出すみたいな。その考え方は季節関係なく、一年中意識しています。太ると顔に出やすいので、小顔矯正に行ったりもしています。

― お肌のケアで気をつけていることは?

江野沢:ニキビができやすいので薬を塗って寝たりはしています。

― 映画『傷だらけの悪魔』(2017年2月公開予定)で久しぶりに演技のお仕事。いかがでしたか?

江野沢:お芝居をすることが本当に久々だったので、不安がつきまとう中での撮影でした。でも小さい頃からお芝居のレッスンをしていたので、やっとできるという喜びも大きかったです。まだ完成したものを観ていないので、なんとも言えませんが、周りの方にたくさん褒めていただいたので完成、そして公開が楽しみです。

― この夏、プライベートでの思い出はありますか?

江野沢:お盆前に休みを5日間いただいて、韓国旅行に行きました。韓国は大好きで本当によく行っています(笑)。今回は中学の友だちと、一眼フィルムカメラを持って行って、夜に写真を撮ったり、チマチョゴリを着たり、あとは韓国のロッテワールドっていう遊園地があるんですけど、そこに写真を撮りに行ったり。いま現地で流行っているカフェにもたくさん行きました。

― 今年も残り4ヶ月。プライベートでも仕事でも今年中にやっておきたいことは?

江野沢:幼なじみが車を買って、それに乗せてもらったらすごく憧れちゃって。車の免許を取りたいと思ったので、まず今年中に自動車学校に入会したいです!

(modelpress編集部)

■江野沢愛美(えのさわ・まなみ)プロフィール
生年月日:1996年11月1日/出身地:千葉県/身長:171cm

2008年より雑誌『ピチレモン』専属モデルとしてティーンから圧倒的な人気を集め、現在『Seventeen』専属モデルとして活躍中。水着やファッションコスメなど自身のプロデュースする商品が大ヒットするなど話題を集めている。タレントとしてNHK Eテレ『すイエんサー』にレギュラー出演のほか、2017年2月に公開の映画『傷だらけの悪魔』の主演に抜てきされるなど女優としても注目を浴びている。

関連記事(外部サイト)