“岡山の奇跡”桜井日奈子、圧倒的透明感と成長の軌跡 初の試みを発表

“岡山の奇跡”桜井日奈子、圧倒的透明感と成長の軌跡 初の試みを発表

ファースト写真集を発売する桜井日奈子/「桜井日奈子 2017 カレンダーブック」(カドカワムック)より(画像提供:所属事務所)

【桜井日奈子/モデルプレス=9月14日】“岡山の奇跡”こと女優の桜井日奈子が、ファースト写真集『桜井日奈子です。』を10月28日に発売することがわかった。

同作では、地元・岡山県での「おかやま美少女・美人コンテスト」でグランプリを獲得し、その透明感のある美少女ぶりに“岡山の奇跡”と話題になった桜井を密着取材。女子高生最後の貴重な瞬間から、初舞台出演などを経て一人の女優として成長してゆく“軌跡”を追いかけた。さらに、沖縄ロケで挑んだシュノーケリングなど “初めて”が盛りだくさんのグラビアを大ボリュームで掲載。旬な彼女のさまざまな“キセキ”の表情を切り取った、“いましか見ることができない”貴重な一冊となっている。

◆沖縄ロケ&充実の日々を振り返る

桜井は「沖縄に着く前の沖縄のイメージは、みんながわーっと踊っているイメージでした。そして最初に行った、首里城で想像していた沖縄があって、沖縄に来たんだと実感が湧きました」とロケを回顧。「首里城の敷地内を周りながら写真を撮りました」と明かしつつ「とにかく暑かったです!沖縄の暑さをなめてました(笑)」と茶目っ気たっぷりに振り返った。

同作には制服カットも収録。今春、上京したての頃に撮影したそうで「あれが最後の制服。懐かしいですね、3月か4月ですが、かなり昔に感じてしまいます」としみじみ。5月〜6月にかけて初の舞台『それいゆ』が上演され、7月〜9月は初の連続ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)に出演、一気にシンデレラストーリーを駆け上がる彼女は「ドラマをやってる時、舞台のことが1年くらい前に感じました。それほど濃くて充実した日々、私にはこれが今年のうちにやってきたこととは思えなくて、私は3年くらい生きている気がします」と初々しく語った。

◆半年で感じた“成長”の手応え

上京からまだ半年足らずだが「自分の中で大きく変わったのは、前は『お仕事が決まったよ』と言われても、けっこう受け身だったというか、やらされている感じが自分の中では大きかったです。でも最近はお芝居をやらせていただいて『もっとこうなりたい、もっとこうしたい』と自分で考えるようになり、お仕事に対する姿勢が積極的になりました」としっかり成長も実感している様子。桜井は10月8日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(毎週土曜 後9:00)へのレギュラー出演も決まり「人に何かを伝えられるような女優さんになりたい」とさらなる飛躍に意欲十分だ、

◆カレンダーの発売も決定

また10月31日には『桜井日奈子 2017 カレンダーブック』の発売も決定。カレンダーは壁掛け可能な仕様となる。なお11月中旬に都内書店にて発売記念イベントを開催する予定。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)