滝沢秀明、武井咲とエアギターセッション実現 秘められた謎も明らかに

滝沢秀明、武井咲とエアギターセッション実現 秘められた謎も明らかに

武井咲「せいせいするほど、愛してる」第9話・場面カット(C)TBS

【武井咲・滝沢秀明/モデルプレス=9月13日】13日、女優の武井咲が主演を務め、タッキー&翼の滝沢秀明と初共演を果たすTBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(毎週火曜よる10時)の第9話が放送。武井演じる主人公・栗原未亜が働くジュエリー会社、ティファニージャパンを舞台に、滝沢演じる妻帯者の副社長・三好海里との“禁断の恋”、そして複雑に絡み合う人間模様を描く今作。第9話では、同作の名物ともなっている海里のエアギターを、未亜とセッションするシーンが描かれた。

◆滝沢秀明のエアギターが名物に

海里が一人になった自宅でストレス発散法として披露するエアギター。普段クールで落ち着いている海里の意外すぎる趣味が初回から大きな衝撃を呼び、未亜の1人カラオケと連動し毎回のように視聴者を楽しませる名シーンに。

回を増すごとにパフォーマンスが激しくなり、Twitterのトレンドワードの常連となるなど、注目を集めている。

◆<※ネタバレあり>武井咲とノリノリパフォーマンス

前回別れを決意した2人だったが、海里の妻・優香が未亜を訴え慰謝料を請求、さらに窮地に追い込まれることに。未亜を思う「ジミーチュウ」広報の宮沢綾(中村蒼)の後押しもあり、海里は未亜との駆け落ちを決意する。

そして、軽井沢の別荘に向かった2人は、束の間の幸せな時間を満喫。

以前、海里のエアギターを目撃してしまった未亜はそのことをイジり、「何でエアギターだったんですか?」と尋ねる。海里は「よく親父が昔、趣味で弾いてたんだ。子どもの頃からよく真似してた」とギターを演奏する父親がきっかけだったことを告白。

未亜が「お父さんとの絆だったんですね、それがストレス発散のエアギターになったと」と茶化すと、海里は「なめるなよ!エアギターを!やるぞ!」とセッションを開始。掃除中だった2人はホコリはたきと箒をギターに見立て、背中合わせでノリノリにパフォーマンスを披露した。

◆エアギターコラボに反響

視聴者からは「Wエアギターキター!」「まさかのセッションw笑わせないでw」「夢のコラボ実現」「まさか2人でエアギターするとは」「今日は神回」「箒でエアギターしてるの面白すぎる」と反響。

また、クライマックス目前になってついに判明したエアギターの謎に「わかってよかった」「まさかそんなストーリーが隠されていたとは…」「エアギター歴想像を超える長さだった!」などの声が集まっている。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)