中村蒼、滝沢秀明に切ない一撃 “宮沢さん”の決意に感動の声広がる「号泣」「どんだけいい男」

中村蒼、滝沢秀明に切ない一撃 “宮沢さん”の決意に感動の声広がる「号泣」「どんだけいい男」

武井咲、中村蒼「せいせいするほど、愛してる」第9話・場面カット (C)TBS

【中村蒼/モデルプレス=9月14日】13日、女優の武井咲が主演を務め、タッキー&翼の滝沢秀明と初共演を果たすTBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(毎週火曜よる10時)の第9話が放送。武井演じる主人公・栗原未亜が働くジュエリー会社、ティファニージャパンを舞台に、滝沢演じる妻帯者の副社長・三好海里との“禁断の恋”、そして複雑に絡み合う人間模様を描く今作。第9話では、未亜に思いを寄せる俳優の中村蒼演じる「ジミーチュウ」広報の宮沢綾が、海里を殴るシーンが描かれた。

◆<※ネタバレあり>“宮沢さん”の未亜への思い「死んでも幸せにする」

前回、別れを決意し、それぞれ別の道を歩みだした未亜と海里。しかし、宮沢との結婚を控えた未亜が、笑顔で退職しようとした矢先に海里の妻・優香(木南晴夏)が会社に乗り込んでくる。優香は未亜を訴え慰謝料を請求。2人はさらに窮地に追い込まれる。

思い悩む未亜を励まし続ける宮沢だったが、未亜の頭に海里しかいないことに気づくと、「結婚はやめよう」と突然突き放す。そして、謝る未亜の指から婚約指輪を外し、「このリングは未亜には似合わへん」と自ら別れを告げる。

未亜と別れ、「しゃあねえわ、死んでも幸せにするって約束したしな。幸せになれや、未亜…」と切ない表情で呟いた宮沢。

その後、神社に海里を呼び出し、「一発殴らせてもらっていいですか?」と一撃。「彼女を死んでも幸せにするって決めたんや!せやけどそれが出来るんはあんただけや。ほんの一瞬でもええ、未亜を幸せにするって約束しろ!」と海里に訴え、海里は「約束する」と強く頷いた。

◆“宮沢さん”に感激&胸キュンする女子続出

ノリの良い性格と関西弁のキャラクターに、ストレートな未亜への愛で視聴者の間で支持が集中している宮沢。今回も未亜を思うイケメン過ぎる行動の連続に、放送中のTwitterのトレンドワードには「宮沢さん」「ジミーチュウ」がランクイン。

「号泣してる」「ほんまにほんまにかっこよすぎる」「咲ちゃんがしないなら私が結婚する」「未亜のことを思った結果別れたんだよね、泣ける」「どこまで優しいの!?」「一体どんだけいい男なんだ…」といった声が溢れ、今週も女子を虜にさせていた。

◆武井咲×滝沢秀明の駆け落ちの結末は…

そして、物語はクライマックスへ。駆け落ちを決意し、軽井沢の別荘で幸せな時間を過ごす未亜と海里。最後に逃亡する前に教会で2人だけの結婚式を挙げ、キスを交わしたところで優香が登場。「海里から離れなさいよ!このメス豚!」と優香が未亜に襲いかかるシーンで第9話は終了した。

「誰も予想がつかない衝撃のラスト」と銘打たれた最終回は、20日放送。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)