中谷美紀、清水富美加に告白「泣かされてしまいました」

中谷美紀、清水富美加に告白「泣かされてしまいました」

清水富美加、中谷美紀(C)モデルプレス

【中谷美紀・清水富美加/モデルプレス=9月14日】女優の中谷美紀と清水富美加が14日、都内にて行われたテレビ東京ドラマスペシャル宮部みゆきサスペンス「模倣犯」(9月21日・22日よる9時〜2夜連続放送)製作発表記者会見に出席。お互いの印象や撮影での印象深いエピソードを明かした。

◆中谷美紀、清水富美加の大ファン公言

今回の共演を通し、清水の「大ファンになった」という中谷は「本読みの段階から泣かされてしまいました」と演技に感動したことを告白。清水が興奮しながらも「本当ですか!?ありがとうございます!あとでグミを差し上げます」と感謝すると、中谷は「グミはいらないです(笑)。でも、ファンになりました」ときっぱりと断り、会場の笑いを誘った。

一方、清水は現場で中谷が「スタッフさんに“肩なめ”(撮影方法のひとつ)を頼まれて、『なんなりと』ってすごく自然に言っているを見て、カッコいい美しいって思った」とエピソードを披露。「車の中でもずっとマネージャーさんに言っていた」ほど印象に残っているようで、「私もいつか『なんなりと』って言える女性になりたいなって思いました」と憧れを語った。

◆「模倣犯」初のテレビドラマ化

原作は小説家・宮部氏の同名作。2002年に公開された映画「模倣犯」以来、14年ぶりの映像化となり、テレビドラマ化は今回が初めて。主演の中谷は連続誘拐殺人事件を追うフリールポライター・前畑滋子役。前畑は連続誘拐殺人事件の第一発見者・塚田真一(濱田龍臣)や、被害者家族の有馬義男(橋爪功)と関わり、事件の全貌に迫る。

なお、会見にはこのほか坂口健太郎、山本裕典、岸部一徳が登壇。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)