鈴木奈々、夫からベッド拒否された過去告白 倦怠期乗り越えたきっかけは?

鈴木奈々、夫からベッド拒否された過去告白 倦怠期乗り越えたきっかけは?

夫との倦怠期を振り返った鈴木奈々(C)モデルプレス

【鈴木奈々/モデルプレス=9月14日】モデルでタレントの鈴木奈々が、13日放送の日本テレビ系バラエティー番組「解決!ナイナイアンサー」(火曜よる9時〜)に出演。結婚直後に陥った倦怠期を告白した。

◆結婚直後に倦怠期に「彼の愛が冷めてしまった」

番組では、「あなたならどうする?本当にあった夫婦のどん底」と題し、芸能人カップルの実体験を再現VTRで紹介。どんなアンサーを出して幸せを掴んだのかを紐解いた。

鈴木は、一般男性と5年の交際期間を経て2014年に結婚。交際中はラブラブだったが結婚直後に夫に変化が訪れ、鈴木がベッドに入ると「ちょっとベッドに入ってこないで」と拒否され、ソファで寝ることもしばしばあったそうで、「倦怠期というかマンネリというか彼の愛が冷めてしまった」と回顧。さらに、夫が家事を完璧にこなす潔癖症のため、当時は料理も掃除もさせてもらえず、自分の存在意義を疑い始めたという。

鈴木は女性として見てもらおうとボディークリームを塗ったり香水をつけたりと努力するが効果なし。週刊誌に「家庭内別居」と報道されたことも拍車をかけ、会話も減り「同じ家に住んでるのにすごく辛かった」と心境を吐露。当時からテレビ番組などでもネタとして夫婦生活を赤裸々に話していたが、実際は本気で悩んでいた。

◆夫の言葉に号泣

そんな鈴木が危機を乗り越えたきっかけは、それまで忙しさを理由に疎遠になっていた夫の実家にたくさん行くようにしたこと。夫の両親にプレゼントを渡すなどしていると、夫も喜び、ある日彼からキス。「2年ぶりのキスが出来ました。すごかった、本当にすごかった」と明かした。

また、スタジオでは「今は本当にアツいです」という鈴木にサプライズで、夫からのアンケートが公開される場面も。「結婚の決め手はなーちゃんが家族を大切にしてるところです。家族になって僕の家族も大切にしてくれる姿を見て本当に嬉しかったし、なーちゃんを好きになった当初の気持ちを思い出しました」と夫の思いも明らかに。さらに「できたらそろそろ子どもが欲しいと思っています」と続いた。

読み上げられた瞬間から泣き出し始めた鈴木にスタジオは爆笑。MCのナインティナイン岡村隆史が「今日抱かれたらええねん!パンツとか大丈夫?」と尋ねると鈴木はすかさず下着をチェックし、共演者を笑わせていた。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)