大島優子、気になる男性を告白

大島優子、気になる男性を告白

大島優子、気になる男性を告白 (C)モデルプレス

【大島優子/モデルプレス=9月14日】女優の大島優子が14日、神奈川・川崎市で開催された映画「真田十勇士」(9月22日公開)の公開直前イベントに、共演の大竹しのぶと出席した。

歌舞伎俳優の中村勘九郎らイケメンぞろいのキャストにちなみ、「気になるイケメンは誰?」との質問に大島は、大竹と2人で、リオ五輪の陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した際にアンカーを務めた「ケンブリッジ飛鳥選手」の名前をあげた。大竹が「全部いいです。体格といい、さわやかですし、将来性があるし」というと、大島は「ライバルです」と対抗心を燃やしていた。

一方、「腰抜けに見える男性はどんなタイプ?」と尋ねられると、大島は、「言っていることとやっていることが違う人、矛盾している人ですかね。『ああいうの嫌だよね』と人のことを言っておきながら、自分もそういうのをやっているじゃん、みたいな」と回答した。

◆大島優子、男性にアプローチする?

さらにトークでは、男性に積極的にアプローチするかが話題に。大竹が「『好き!』とか言っちゃいます」と告白すると、積極的な大竹に「凄い!」と驚く大島。自身については、「そんなストレートには言わないかもしれないです」とポツリ。続けて、「言うのは恥ずかしいですね。私は、天邪鬼なのですよ。だから、“言うのを我慢して、我慢して、溜めて、爆発する時に言う”みたいな」と告白のタイミングを独自の表現で打ち明けた。

◆「真田十勇士」大島優子、時代劇初出演の心境

同作は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜け”の武将だったという大胆な発想のもと、圧倒的なスケールと切れ味鋭いアクションで送るエンターテインメント。主演の中村勘九郎が猿飛佐助役を担当し、映画と舞台が同時期に公開&上演されるという画期的な試みがなされる。

時代劇初出演となった大島は、「『時代劇って凄いな!』と思いました。セットが凄いですね。初めてこんなに大きなセットをたくさん組んでいる現場を見て、凄くお金がかかっているのだなという風にも思いました」とスケールの大きさに圧倒された様子を覗かせた。

“時代劇初出演”に抱いていたイメージとしては、大島は、「時代劇に最初に出るのだったら、淀殿のような髪型でお着物を着て…というのを想像していたのですが、『くノ一ね』って言われて(笑)」と笑い話として回顧。「時代劇にずっと出演したかったので、くノ一として出演することができてとても嬉しかったです」と笑顔を弾けさせた。

撮影現場では、スタッフたちから、大島のアクションへの絶賛の声が次々とあがったそうだ。大島は、台本に書かれていなかったアクションシーンが現場で追加される形で増えて行ったことを紹介し、「トレーニング、してないんですよね…」と、トレーニングなしでアクションシーンに挑んでいたことを明かした。(modelpress編集部)

関連記事(外部サイト)