本郷奏多、“故郷”仙台で見せるプライベートの顔

本郷奏多、“故郷”仙台で見せるプライベートの顔

2017年のカレンダーを発売する本郷奏多(画像提供:所属事務所)

【本郷奏多/モデルプレス=9月16日】俳優の本郷奏多が「本郷奏多カレンダー2017 in仙台」を10月20日に発売。彼の生まれ故郷である宮城県・仙台市を舞台にさまざまな表情を見せている。

先日まで公演されていた主演舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」は連日盛況、9月22日公開の映画「闇金ウシジマくん Part3」では物語のキーマンに抜てき、さらには来年冬に公開される「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」への出演も決定。そんな活躍ぶりを見せる本郷が昨年に続き、カレンダーを発売する。

◆故郷・仙台でのぞかせるプライベートの表情

今回の舞台は、彼の生まれ故郷である宮城県・仙台。松島など全国的にも有名な観光スポットだけではなく、宮城県民ならゆかりのある名所で撮影を行った。

幼少期を過ごし慣れ親しんだ地元だけあって、いずれの写真もプライベート感が満載。遊園地では童心に返って大はしゃぎ、川沿いでは浴衣に身を包み花火を満喫、そして夜は大人っぽい服装で名物料理を味わいながら個室デートといった、さまざまな表情を詰め込んだ。

今作について、本郷は「カメラマンの小暮和音氏とともに、僕の生まれ故郷である仙台で撮影を行いました」と紹介。「小さいころによく遊んだ近所の公園や仙台の名所など、いろいろなカットがあるのでぜひ楽しみにしていてください!」と呼びかけている。(modelpress編集部)

■本郷奏多 コメント

2017年のカレンダーは、カメラマンの小暮和音氏とともに、僕の生まれ故郷である仙台で撮影を行いました。

小さいころによく遊んだ近所の公園や仙台の名所など、いろいろなカットがあるのでぜひ楽しみにしていてください!

関連記事(外部サイト)